ソフトウェアベンダー

仮想化に対応する新しいソフトウェアライセンシングモデルとポリシーのサポート

今日、旧来のソフトウェアライセンスモデルは急激に変わりつつあります。すべての顧客に対して 1 つのライセンスモデルだけで対応することはもはや受け入れられなくなりました。法人顧客や個人顧客は、自分たちの要望に応じたソフトウェアライセンスモデルを求めています。事実、市場の圧力は企業を「Pay Per Use」(利用に応じた課金) の考え方へと導いています。

ソフトウェアライセンスモデルの見直しに加えて、ビジネスの方法も再考が必要になっています。バックオフィスでは、エンタイトルメント管理 (顧客に提供されるサポート、保守、アップグレードのレベルを特定する業務) は手作業あるいは不十分な自社開発のエンタイトルメント管理システムで行われてきました。フロントエンドでの製品の新しいライセンスの付与方法によって、次のようなことが必要になっています。

  • 市場投入までの時間の短縮
  • リスクの最小化
  • 製品の柔軟性の向上
  • 価値創出までの時間の短縮 (迅速なデプロイメント)
  • 競争力の向上

ソフトウェアの「津波」 - 板挟みになるソフトウェアライセンシング

しかしながら、十分な理解が必要な競合する重圧もあります。

  • 一桁の成長と統合
    不確実性の高い経済状況において、迅速かつコスト効率高く市場へ製品を投入して収益と利益を維持する新たな方法、知的財産を有効利用して十分に収益化しライセンシングからの収益を最大限に引き出す新たな方法、そして吸収/合併による異質なライセンシングスキームを管理して収益認識を強化する新たな方法に収益性の焦点が絞られています。
  • サブスクリプションライセンスモデルと永続ライセンスモデル
    ソフトウェアベンダーはより予測が容易な前四半期比の収益フローへと移行しているため、サブスクリプションライセンスモデルがより重要になっています。これにより、共有ベースおよび時間ベースのライセンシングを提供できるようソフトウェアライセンシングテクノロジーを既存の製品ラインに実装することが不可欠になっています。
  • ソフトウェアコンプライアンスとソフトウェア著作権侵害のトラッキングの向上
    収益性の追求とは収益漏出と著作権侵害を阻止することを意味します。これには、顧客によるソフトウェアの使用状況を正確に把握することが必要です。適切なエンタイトルメント/コンプライアンス管理ソリューションは、面倒な監査を実施することなく、企業には過度および未承認の使用を収入源に変えることができるという利点を、顧客側には、自分達の使用状況を明白に把握できるという利点をもたらします。
  • 電子ソフトウェア配信
    アナリストは数年のうちにエンタープライズソフトウェアの大半と 80% のコンシューマソフトウェアがデジタル配信されるだろうと予測しています。準備が整っていない場合は、この傾向に対応し、収益を確保するためにインフラストラクチャを整備する必要があります。
  • SaaS
    近年、ソフトウェアとサービスの境界は、特に Saas (サービスとしてのソフトウェア) によってあいまいになってきています。SaaS は低いリスクで迅速に市場へ参入できるほか、一貫した予測可能な事業運営費 (OPEX) のために IT 資本支出 (CAPEX) の大幅な削減 - 排除さえ- を可能にする方法を提供します。

課題の解決:ソフトウェアビジネスに対する考え方の転換

これらの課題を解決するベストプラクティスは、今日のライセンシングモデルに十分に対応しながら、迅速に設備を一新し、顧客や競争上の課題に対応することのできる信頼性の高いソフトウェアライセンシングとエンタイトルメントインフラストラクチャを持つことです。エンタイトルメントを管理する一貫性のある自動ソリューションを提供する包括的なソフトウェアソリューションを探してください。適切なソフトウェアライセンスおよびエンタイトルメント管理ソリューションにより、コンプライアンス違反やソフトウェアの著作権侵害のリスクを軽減することが可能です。顧客がより便利性を求めるのに伴い、セキュアで迅速な電子ソフトウェア配信を有効にするインフラストラクチャも必要になります。

Flexera Software (フレクセラ・ソフトウェア合同会社) ソリューションは、ソフトウェアライセンシング、ソフトウェア配信、テクノロジー、サポートを簡素化して、運営コストの削減を支援します。ソフトウェアライセンシングを管理する自社開発ソリューションは、一般に維持費用が高く、ライセンシングスキームの変更や新しいビジネスモデル、あるいは異なる市場に適用させるには悪夢のような作業が伴います。