組み込みソフトウェアの力を利用して収益を増大

顧客満足度の向上と運用コストの削減で収益化を実現

組み込みソフトウェアによる収益化

収入と利益性の増大を求めるインテリジェント・デバイス・メーカーの市場参入戦略において、組み込みソフトウェアはかつてないほど中心的な役割を担っています。 電気通信から試験/測定、ヘルスケアから産業オートメーションまで、組み込みソフトウェアと電子ソフトウェア・ライセンシングには、明るい見通しがある一方で、いくつかの重要な課題も存在します。

今日、多くのインテリジェント・デバイス・メーカーは、イノベーション、新しい市場への迅速な参入、コスト管理、既存顧客からの増分収益の最大化、競争力のある顧客エクスペリエンスの提供などの、増大する重圧にさらされています。 そして、これらはすべて運用コストを増やすことなく行わなければなりません。

これが、組み込みソフトウェアが有望である所以です。 インテリジェント・デバイスの価値は、デバイスに付属するファームウェアや組み込みソフトウェアによるところが大きくなっています。 ソフトウェアが持つ柔軟性を利用して、製造工程を合理化すると同時に、多数の差別化された製品を販売することができます。

しかし、どのようにしてそのソフトウェアの価値を最大限に引き出すことができるでしょうか? 組み込みソフトウェアで収益を上げ、顧客満足度を高め、運用コストを削減するために、どのように完全な収益化を確認しますか?

課題:組み込みソフトウェアの保護

ソフトウェアの R&D 投資を保護することは、プラットフォームを収益化し、安定した収益源を確保するうえで不可欠です。 しかし、実際には紙ベース、信頼ベースのライセンシング・プログラムは、もはや機能を果たさなくなってきました。 そこで電子ライセンシングが注目されています。電子ライセンシングへ移行することで、製造工程の複雑な変更を伴うことなく、収益を保護、拡大することが可能になります。

組み込みソフトウェアの価値を最大限に活用するには、デバイス・メーカーはいくつかの重要な課題を克服しなければなりません。これには、次を実現する方法を見いだす必要があります。

  • 複数のデバイスを使用することなく、各市場に応じた機能をパッケージ化してライセンスを供与する方法
  • 顧客エンタイトルメントを一元管理し、実施する方法
  • ソフトウェアをハッキングや不正使用から保護する方法
  • コスト効率高くソフトウェアのアップデートをデバイスに配信する方法

厄介なことに、このような課題は製造コストを増やすことなく、また製品パフォーマンスに悪影響を及ぼすことなく解決する必要があります。

展望:電子ソフトウェア・ライセンシングにより組み込みソフトウェアを収益化

インテリジェント・デバイス・メーカー向けの新たなベスト・プラクティス、勢いがあり、驚くべき成果をもたらすベスト・プラクティスは、電子ソフトウェア・ライセンシングとエンタイトルメント管理です。 電子ソフトウェア・ライセンシングは、ソフトウェア産業に好まれ、長年用いられて成功しています。 電子ソフトウェア・ライセンシングは、ソフトウェアによる機能アクティベーションによって、組み込みソフトウェアの保護と収益化を行い、顧客との直接的な関係を確立するためのコスト効率の高い、実証された方法をインテリジェント・デバイス・メーカーに提供します。

電子ソフトウェア・ライセンシングにより、顧客との契約に従って、デバイス機能やデバイス容量を有効または無効にすることができます。 この機能により、顧客は必要な機能にのみ課金されるため、不要な機能に対して費用を払わずに済みます。 既存の顧客には、後で機能をオンにすることで、アップグレード・サービスやアドオン・サービスを便利に提供できる体制が整います。 組み込みソフトウェアがデバイスに提供する機能を管理し、収益化する手段としての電子ソフトウェア・ライセンシングは、知的財産である組み込みソフトウェアの力を効果的に収益化、有効活用するのに非常に役立ちます。

医療機器メーカーの方 詳細はこちら
産業オートメーション機器メーカーの方 詳細はこちら
電気通信機器メーカーの方 詳細はこちら
電子試験計測機器メーカー: 詳細