ソフトウェアライセンス管理の問題への対応

ソフトウェアライセンシングソリューションによるアプリケーション使用状況の戦略的管理

今日の経済情勢の中、ソフトウェアベンダーにとって効果的なライセンス管理はかつてないほど重要性を増しています。市場の需要や競争圧力に新しい価格モデルによって対応することで、継続的な収入源が確保されます。しかし、価格モデルの拡大に伴い、ソフトウェア製品管理担当者は、迅速さを保ちつつ、効果的にソフトウェアライセンシングを管理し、保守やサポートのエンタイトルメントも効果的に管理するにはどうしたらよいか、といった増大する課題に直面します。効果的なライセンス管理を実践することで、収益の増大を図り、高品質なサービスと顧客エクスペリエンス提供しつつコストの削減を実現することが可能です。

ベストプラクティス:ソフトウェアライセンス管理

現在、自社開発ソリューションでライセンシング技術とエンタイトルメントを管理している場合は、自社開発ソフトウェアの保守費用が高価になったり、ライセンシングスキームや新しいビジネスモデル、異なる市場への迅速な適応への弊害にならないよう注意が必要です。または、次のようなベストプラクティスを備えた代わりの製品を探てください。

  • 自動エンタイトルメント、ライセンス管理
    すべてのライセンシングテクノロジーを一目で把握できるシングルビューを提供するソリューション。
  • 柔軟なライセンシング
    製品とソリューションのパッケージ化と販売に使用するライセンシング条件と価格モデルの決定において、完全な柔軟性を実現するソリューション。
  • 電子ソフトウェア配信
    顧客ニーズの変化への対応が必要なのと同様に、電子ソフトウェア配信もまた収益の増大にとっては必須です。電子ソフトウェア配信では、マルチコンポーネントアプリケーションでもエンドユーザーに効率良く、信頼性高く、セキュアな方法で直接配信することができます。
  • 的を絞ったエンドユーザーとのコミュニケーション
    ビジネスコストをさらに削減するソフトウェア製品のニュース、トレーニング、アップグレード、広告などを配信してエンドユーザーと直接関わりを持てるソリューション。

ライセンス管理による一貫性の向上とソフトウェアコンプライアンスの支援

製品ライン全体のライセンシングとエンタイトルメント管理にソフトウェアライセンス管理のベストプラクティスと共通の自動化アプローチを採用することで、以下のことを実現できます。

  • より効果的な日常業務
    社内プロセスを明らかにすることで、新しいライセンシングシステムは製品管理の取り組みの正当化、オフィス全体の一貫性の実現、注文処理の向上に役立ちます。
  • 遠隔業務管理の向上
    一元化されたシステムでは、バックエンドの会計システムや財務システムとのリンクやインターフェイスが可能なため、遠隔地での業務を一元的に追跡、管理することができます。
  • 顧客のアクティベーションと使用状況の正確な統計とレポート
    一元化されたライセンス管理システムは、正確なアクティベーションと使用状況の統計を提供します。また、一元化されたライセンスソリューションでは顧客別、エンタイトルメント別のアドホックな即時レポート機能を提供し、効率性とコンプライアンスを最大限に引き出します。

強力なライセンス管理ソリューションは、社内業務を大幅に向上させるため、より効果的で柔軟性に富んだ価格モデルと収益性の高い運用の手段となり得ます。