不正流通の防止

組み込みソフトウェアライセンシングで知的財産を保護

競争の激しいハイテク業界市場では、次期デバイスの開発に数年を費やし、製品リリース後数か月たったばかりのところで、製品の不正流通が発覚するといったことは珍しくありません。正規の代理店やチャネルは、無許可の代理店、eBay、その他のインターネットサイトを通じて販売される不正流通版との競争が強いられます。

今日の競争の激しい市場で生き残るには、ハイテクメーカーは継続的に新規市場機会を捉えるために製品の刷新、製品提供の強化、著作権侵害と不正流通からのデバイスの保護を行う必要があります。不正流通の定義は異なりますが、主題は非公式のチャネルや流通サイトを通じた取引により成り立っているということです。デバイスの人気が高いほどこのような不正代理店はあちらこちらに出現して継続的に流通を続け、阻止することは非常に困難です。

しかしながら、デバイスの不正流通の防止には、組み込みソフトウェアを通じて何らかの強力な工夫を凝らした対策を講じることが可能です。ソフトウェアライセンシングの力をデバイスに配備することで、メーカーはデバイスの独自の機能の鍵を握ることができます。組み込みソフトウェアライセンシングは、著作権侵害を最小限に抑えたり、防ぐことができると同時に、知的財産を十分に収益化するための効果的な方法でもあります。

不正流通と著作権侵害を防止するベストプラクティス

組み込みソフトウェアは、ハイテクデバイスメーカーの新しい市場参入戦略と著作権侵害対策において、次第に重要な役割を担うようになってきています。この傾向は特に、技術革新、迅速な新規市場への参入、費用管理、既存顧客からの増分収益の最大化、そして顧客エクスペリエンスの差別化において常に継続的な重圧にさらされている電気通信、テスト、測定、ヘルスケア、産業オートメーションなどの市場では顕著です。これらのデバイスは、通常、価格が高く、不正流通市場にとっては非常に魅力的です。

それでは、組み込みソフトウェアによってどのように不正流通を防止することができるのでしょうか?ソフトウェアライセンシングにより、メーカーはデバイス機能や容量を適宜、有効/無効に設定することが可能です。多くの場合、デバイス自体ではなく内部のソフトウェアの力でデバイスの価値が高められ、消費者にとって魅力的な製品となります。メーカーとその正規代理店やチャネルが機能を有効にする鍵を握り、これらの機能に課金し、機能が不要になった場合には無効に設定することができます。

まず始めに、メーカーは組み込みソフトウェアの潜在的な価値を十分に引き出す 2 つのベストプラクティスを採用する必要があります。

  1. ソフトウェアライセンシング戦略が不正流通を防止する手段としてだけではなく、売り上げ増加の手段としていかに業績に役立つかということを知る。損失を防ぎながら、機能セット、サービス、量/ユーザーの閾値、アップグレード権を通じて、ソフトウェアライセンシング戦略でメーカーがもたらす価値を収益化するのに役立ちます。
  2. ソフトウェアエンタイトルメントを正確に追跡し、管理するより強力なシステムを実装する。システムを実装することで、運用コストを抑え、アップセルや更新機会を正確に特定し、チャネル販売についてのより詳細な視野が得られ、市場力学を全体的に把握することができます。

この 2 点の法則によって、デバイスメーカーは業績に強力な影響を与えることができます。たとえば、不適切なライセンシング慣行は、不正代理店がソフトウェアをバンドルしてデバイスを売ることを許してしまいます。一方、効果的なライセンシングおよびエンタイトルメント管理は、これらの不正流通を防ぐのに役立ちます。