ソフトウェアライセンスのコンプライアンスの確保

ェアライセンスの使用状況とエンタイトルメントの照合によるコンプライアンス管理

ソフトウェアライセンスモデルは絶えず変化をしており、今日その傾向は顕著です。益々多くの企業がソフトウェアアプリケーションの実際の使用状況とソフトウェアライセンシングモデルが直接足並みの揃う「Pay Per Use」 (利用に応じた課金) タイプのモデルを求めています。さらに法人顧客や政府顧客は、ソフトウェアベンダーがこれらの新しいライセンシングモデルを提供するだけではなく、この新たなモデルにおいてソフトウェアライセンス契約のコンプライアンスを確保するのに必要なツールの提供を期待しています。法人顧客はコンプライアンスの準拠を望むものの、ソフトウェア資産を十分に管理するためのツールを持ち合わせていません。

多くのソフトウェアベンダーにとって、ソフトウェア監査はソフトウェアライセンスのコンプライアンスを管理する最も一般的な方法です。短期的な増収 (特に新たなソフトウェアライセンス収益を見込むのが困難な場合) がもたらされる一方で、大半の顧客にとってソフトウェア監査は否定的な意味合いを持ちます。ソフトウェア監査は、トレンドや業績の最高到達点シナリオを把握できないスナップショットに過ぎません。そして、ソフトウェアベンダーは監査の拡張に困難を感じています。大きなチームを持ってしても、毎年監査できるのはわずかな顧客基盤のみです。ソフトウェアベンダーは顧客関係に悪影響を及ぼすことなく顧客がコンプライアンスを確保できるような柔軟な方法を探しています。

ソフトウェアベンダーは、ソフトウェアの超過使用を収益化して収入を上げ、製品やチャネル、顧客によってさまざまな市場のソフトウェアコンプライアンスの需要に対応することのできるソリューションを求めています。同時に、ニーズの変化途上でも顧客が必要な機能を使用できるようにし、また現在依存しているような煩わしい手段を用いることなくコンプライアンスを確保できるようにすることで、顧客関係の向上も願っています。

ソフトウェアライセンスのコンプライアンスの確保

ソフトウェアベンダーは、ソフトウェアの使用に関して企業との新しいレベル、事実に基づく話合いを望んでいます。ソフトウェアの使用状況を正確に追跡、監視、レポートすることのできるエンドユーザー向けにカスタマイズされた希望の製品を提供することを望んでいます。また、収益の増大、肯定的で一貫したエクスペリエンスによる顧客との関係構築、従来のソフトウェア監査に付随するコストと時間の回避も求めています。

このような目標を達成するためには、次のようなソフトウェアコンプライアンスソリューションが必要です。

  • 一時点のスナップショットではなく、ソフトウェアの使用傾向を把握できるよう長期間にわたってソフトウェアを監視、追跡する。このような見解を得ることでベンダーは営業努力を効果的に絞り込むことができ、また企業は将来のソフトウェアの需要についてより正確な計画と予算組みを行うことができます。
  • ソフトウェアベンダーがソフトウェアの契約条項と条件に基づいて、収集する測定基準を確立することができる。
  • 製品の変更や統合を必要とせずに既存または新しいソフトウェアソリューションを簡単に企業に配備できる。
  • インストールアプリケーションやシステムへの影響を最小限に抑えつつ企業環境で邪魔にならないように動作する。
  • 強制的な実施を課すことなく企業が受け入れやすい。

このようなソリューションにより、ソフトウェアベンダーの顧客の統治システムが提供され、使用が許諾されているもののみが使用されるようになります。

Flexera Software (フレクセラ・ソフトウェア合同会社) の FlexNet Producer Suite for Software Vendors は、何千ものお客様に使用されている実証されたソリューションです。ソフトウェアベンダーが収益増大、肯定的で一貫したエクスペリエンスを提供することによる顧客との関係構築、従来のソフトウェア監査に付随するコストと時間の回避を実現するのに必要なエンタイトルメント管理とコンプライアンス管理の双方の機能を提供します。