SaaS 収益の増大

ライセンシング、エンタイトルメント、およびサブスクリプション管理による SaaS 収益の増大

IDC の報告によると、SaaS 市場 (オンデマンドサービスまたはクラウドベースのサービスとも呼ばれる) の世界全体の収益は、2009 年の 131 億ドルから 2014 年までには 405 億ドル (複合年間成長率 25.3%) に急上昇するとみられています。SaaS モデルが主流となり、ソフトウェア業界におけるサブスクリプションベースのライセンシングモデルの採用を促進しています。

しかし、この新しいビジネスの方法には課題が伴います。最先端の企業は、トップの座を守るために、革新的な戦略を練り、採用しています。

ビジネスの課題 戦略
多くの SaaS プロバイダは、収益機会の喪失を招く "フリーサイズ" のパッケージングを採用しています。SaaS ビジネスモデルは、急速に進化する市場に対応するため、迅速に変更する必要があります。 エンジニアリングなしで、顧客のニーズにあったパッケージと価格設定を提供します。
SaaS プロバイダは、認証情報の不正共有により潜在的な収益の 40 60% を逃しています。 認証情報の不正共有による収益機会の喪失からオンデマンドサービスを保護します。
SaaS プロバイダは、ライセンシングに "フリーサイズ" アプローチを採用しているため、潜在的な顧客と収益を排除しています。 顧客の支払方法のニーズに応じたライセンスサービスを提供します。

多くの初期段階の SaaS プロバイダは市場シェアの拡大に注目しがちですが、市場が成熟し、収益成長率が低下すると、これらのビジネスの課題がより深刻になります。SaaS の本質は、すぐに世界的な展開が可能なことです。多種多様なニーズを開拓できる一方、想定される収益成長と市場浸透を達成するためには、不正使用の可能性を早期に発見しなければなりません。

ライセンシングおよびサブスクリプション管理による SaaS 収益の増大

収益成長目標を達成するためには、ライセンシングおよびサブスクリプション管理ソリューションを導入する必要があります。

適切なライセンシングソリューションには、次の機能が含まれています。

  • マシン ID によりユーザーの認証情報を補強し、使用ポリシーを作成します。
  • 同時接続モデルのようなライセンスモデルを強化します。

適切なエンタイトルメントおよびサブスクリプション管理ソリューションには、次の機能が含まれています。

  • 機能に基づいてサービスバンドルを定義します。
  • サービスバンドルのエンタイトルメントを作成します。
  • ライセンスモデルを定義します (例: 同時接続、年間/有効期限、評価など)。
  • 使用ポリシーを定義します (例: 各ユーザーは最大 5 台のマシンからサービスを利用可能)。
  • サブスクリプションのエンタイトルメントに基づいて SaaS ユーザーのプロビジョニングを行います。
  • サブスクリプション管理、アップセル、抱き合わせ販売を自動化します。
  • 評価版から製品版への変換を自動化します。
  • エンタイトルメント、使用状況、製品に関する顧客の詳細情報を提供します。

Flexera Software (フレクセラ・ソフトウェア合同会社) の FlexNet Producer Suite for Software Vendors は、何千ものお客様に使用されている実証されたソリューションです。SaaS プロバイダが高収益成長の SaaS ソリューションを作成し、配備するのに必要なライセンシングとバックオフィスのエンタイトルメントおよびサブスクリプション管理の両方の機能を提供します。