仮想化世界における収益の増大

適切なソフトウェアライセンシングシステムが収益の保護とビジネスの成長を可能にする

ソフトウェアの仮想化の採用は、ソフトウェアベンダーに重大なビジネス上の課題をもたらします。仮想化を単なるトレンドと捉えるベンダーもあれば、新しい収益機会と捉えるベンダーもあります。いずれにしても、新しい価値を顧客にもたらし、その機会から十分に収益がもたらされるように効果的に仮想化を管理しなければなりません。

しかし、ソフトウェアの仮想化となると、簡単な答えはありません。事実、Flexera Software (フレクセラ・ソフトウェア合同会社) がソフトウェアベンダーを対象に実施したソフトウェアの仮想化傾向に関するアンケートでは、最も関心のあるライセンス関連の問題の上位 2 つは、仮想環境でソフトウェアアプリケーションを使用する顧客に対するライセンスの許諾とエンタイトルメントの管理方法にまつわるものでした。特に何も対応をしていない間に、多くの回答者がコンプライアンスや著作権侵害による収益の損失リスクにさらされています。

ほとんどのソフトウェアベンダーは、ソフトウェアの仮想化には未対応の状況です。一方、企業顧客は仮想環境への移行を検討中、あるいは現在運用中です。そのため、仮想環境で実行されるソフトウェアのライセンスに対応する適切な戦略を煉ることが必要です。

進む顧客側のソフトウェアの仮想化:準備はできていますか?

アプリケーションの仮想化が企業組織に目覚しい浸透を遂げる中、ソフトウェア製作者はライセンスサーバーやアプリケーションにおける仮想化の影響を考慮したライセンス方針の作成と通知を行う必要があります。サーバーの仮想化は初期の採用段階から戦略的なビジネス機会の段階へと移行しています。事実、アナリストは、2/3 以上の企業 IT 部門が今後数年の間に何らかのサーバーの仮想化を導入するであろうと見ています。

ソフトウェアの仮想化はインストールの成功から始まる

ソフトウェアエクスペリエンスは、アプリケーションがコンピュータにインストールされる時点で確立されるか、あるいは損なわれます。仮想環境では、さらに複雑さが増します。従来の Windows 環境であれ、Microsoft App-V、VMware ThinApp などの仮想環境であれ、あらゆるソフトウェアのインストールの成功がインストールの問題に関するテクニカルサポートコストや顧客満足度全般を左右します。

ソフトウェアライセンス契約の強化:仮想環境における収益を保護

仮想化ソフトウェアでソフトウェアを仮想プラットフォーム - Microsoft App-V、Citrix X - で実行できるようにする際、収益を保護し、ソフトウェアライセンスコンプライアンスを強化する方法がいくつかあります。投資を保護し、ビジネスを成長させるためには、発想を転換し、新しい市場参入戦略を打ち出す必要があります。次の質問の答えを考えてみてください。

  • 仮想世界でソフトウェアの収益を保護するにはどうしますか?
  • 顧客が仮想環境でソフトウェアのインストールに成功するようにするにはどうしますか?
  • 仮想環境で不適切に実行されているソフトウェアをどのように検知しますか?

ハードウェア固定、CPU ごとのライセンス、CPU コアごとのライセンス、オペレテーィングシステムインスタンスまたはユーザーごとのライセンスを通じて、コンプライアンスを確保するソリューションを探してください。新規市場の開拓戦略、ソフトウェアの仮想化全般に対する戦略、顧客との将来的な関係をどうするかにより、選択するオプションは異なります。