政府

ソフトウェアライセンス管理とソフトウェア配布の課題を解決

政府の IT 部門は、部門や機関の革新性、効率および生産性の向上に向けて、厳しい予算の削減と戦略的目的 (ソフトウェアの仮想化と Windows 7 への移行による効率の向上と予算の削減からソフトウェアコンプライアンスと最適化された支出を確保するソフトウェアライセンス管理のベストプラクティスの実装まで) の増加という 2 つの課題に直面しています。

IT 支出の削減

政府 IT 部門では、IT コストが削減される一方で、業務の近代化とサービスの強化が進められています。ソフトウェアの支出を抑えることはコストの削減につながります。ソフトウェアライセンスや保守 (継続的な IT 予算の約 8 割を占める場合があります) の予算はコスト管理の重要な項目です。IT 部門および購買部門は、IT ソフトウェア予算を削減する方法を求めています。アプリケーションがビジネスにとって戦略的なものとなりアプリケーションへの総投資額が増加する一方、アプリケーションはすべての戦略的資産の中で最も管理が行き届いていないという実態があります。

包括的なソフトウェアライセンスの最適化戦略によって、ソフトウェアの支出を制御し、ライセンスを最適化できます。

ソフトウェアライセンスの最適化によりソフトウェアライセンスが一元管理され、部門や機関全体でソフトウェア資産管理が可能になることで、継続的に IT コストの削減を測定できます。

Windows 7/Windows 8 へのアプリケーション移行を簡素化

政府部門や機関では、Windows 7 への移行作業が大幅に進み、既に Windows 8 の導入も一部では計画されています。しかしながら、Windows 7/Windows 8 向けのアプリケーションの互換性は、引き続き重要な課題です。自動のアプリケーション互換性テスト、アプリケーションパッケージング、ソフトウェアの仮想化を包括したアプリケーション準備ソリューションは、移行プロセスを促進し合理化するため、大きな利点をもたらします。Windows 7/Windows 8 への移行は、時間、予算、社内の評判の観点から、IT 組織に大きな影響を与えます。アプリケーションの互換性を確保し、アプリケーションを最適なパフォーマンスと機能で配布することが不可欠です。

アプリケーションの管理と配布を簡素化するため、政府部門や機関では Windows 7 への移行とソフトウェアの仮想化プロジェクトを組み合わせて、最適化されたデスクトップを目指しています。また、多くの部門では、現在、Windows 8 も検討しています。IT 組織は、アプリケーションの互換性問題を解決することにより、リスクの軽減、時間の短縮、費用の削減を実現するアプリケーション準備ツールセット Flexera Software (フレクセラ・ソフトウェア合同会社) AdminStudio Suite を利用することで、Windows とソフトウェアの仮想化への移行を円滑に行えます。AdminStudio により、Windows 7/Windows 8 とソフトウェアの仮想化への移行におけるプロセスを明確に定義し、追跡可能で繰り返し可能なプロセスを確立することができます。

ユーザーセルフサービスによりソフトウェアを手軽に利用

政府機関の職員はもはや、手動による面倒なソフトウェアのリクエストプロセスに満足していません。自宅で音楽や本、ゲームをダウンロードするのと同じく簡単に、仕事場でもデスクトップアプリケーションを入手できることを望んでいます。公共部門の IT チームがこの要求に対応できる 1 つの方法は、オンラインアプリケーションストアを作成することです。アプリケーションストアは、オンラインショッピングの手軽さを職場にもたらします。職員はカタログを参照し、ショッピングカートにアプリケーションを入れてチェックアウトするだけです。オーダーが終了したら、すべての承認が取得され、数分でアプリケーションが配信されます。

多くの政府機関は Flexera Software (フレクセラ・ソフトウェア合同会社) の App Portal を利用して、オンラインアプリケーションストアを実装しています。この革新的なソリューションにより、オンラインアプリケーションストアからのオンデマンドのソフトウェアプロビジョニングを実現する一方、IT 組織はソフトウェア資産の管理を強化できます。App Portal はフルフィルメントプロセスを実行します。必要なすべての承認を取得し、Microsoft System Center Configuration Manager (SCCM) などの開発ツールへインストールのリクエストを送信します。

また、強力なソフトウェア資産管理機能も提供します。ライセンス要件とコンプライアンスを保証し、未使用のライセンスを再利用し、ソフトウェアのリクエスト、承認、インストールおよび購入に関するレポートを生成します。このようなレポート機能により、管理者はソフトウェアライセンスと機関全体の使用状況を判断し、正しい意思決定を行えます。

セルフサービスにより、必要なアプリケーションをすばやく簡単に使用できるため、生産性が向上します。さらに、単発のソフトウェアリクエストを処理する従来の煩雑で手動によるプロセスを排除し、ユーザーへのアプリケーションの配布を自動化することで、IT 組織は多くの時間を節約します。

ソフトウェアライセンスのコンプライアンスの確保

ソフトウェアライセンスの最適化ソリューションにより、ソフトウェアライセンスの一元管理機能を活用することで、適切なユーザーが適切な時期に適切なソフトウェアを使用できるようになります。その結果、ソフトウェアの支出が削減され、予算を他の戦略的目的に使用できます。

また、部門や機関でソフトウェアライセンスの継続的なコンプライアンスが確保されます。