ハードウェアインベントリの削減

コストの削減と製品構成の柔軟性

グローバルな競争は激化し、製品ライフサイクルは短くなり、土壇場の構成変更などの柔軟性に対する顧客の期待は以前にも増して高くなっています。このような傾向によって、利益の押し下げ、サプライチェーンや運用の複雑性の大幅な増大、在庫や運用コストの抑制の煩雑さが生じています。このような現実と技術革新および高価なソリューションの必要性のバランスを取ることは、機器メーカーにとって重要な課題です。

課題: コスト効率の高い技術革新と差別化

  • どうすれば生産ラインとハードウェア SKU を減らすためにソフトウェアによる構成を活用することができるでしょうか?
  • 顧客との関係と収益を最大化するために新機能のアップセルを電子的に有効にすることができますか?
  • どうすればチャネルパートナーの在庫の複雑さを減らすことができるでしょうか?
  • 顧客が機器とは別に機能を購入して (複数の機器に) 追加できる "遅延バインド" を実装することで収益を増加させることができますか?
  • 顧客のニーズの変化に応じて顧客が機能/容量を柔軟に追加できる "追加" 型の価格設定に変更することはできますか?
  • どうすれば必要な期間に顧客が機能/容量を簡単に変更してハードウェアを活用することで収益を増加させられるでしょうか?

ソリューション: ソフトウェアの能力の活用

Flexera Software (フレクセラ・ソフトウェア合同会社) は長い間、ソフトウェアのインストール、構成、収益化、追跡でアプリケーションメーカーを支援し、その市場リーダーの地位を確立しています。インテリジェント機器メーカーは、より多くの価値の提供、価格の低い競合他社との差別化、ハードウェアインベントリの削減を行うため、ソフトウェアへの移行を急速に進めています。Flexera Software (フレクセラ・ソフトウェア合同会社) のソリューションにより機器メーカーは以下のことを行えます:

  • 在庫の削減—ソフトウェアを活用して、電子的に受注仕様生産 (CTO) 延期戦略を行うことで、資金の負担を減らし、サプライチェーンの複雑さを軽減します。
  • 顧客満足度の向上—サポートコストと運用コストを軽減する、電子、セルフサービスアプリケーションと機能レベルのアクティベーションを提供します。
  • エンドユーザーへの可視性の提供—複雑な多層流通チャネルを通じて、より効率的なサポートと顧客の使用状況や要件について理解を深めることができます。
  • 収益の増大—新しい市場への参入、新しいモデルの提供、抱き合わせ販売/アップセルを可能にするため、ハードウェアをより簡単に構成できるようにします。

Flexera Software (フレクセラ・ソフトウェア合同会社) のインベントリの削減ソリューションは、新しい収益源の開拓、知的財産の保護、そして移り変わりの激しい市場に迅速に対応しながら在庫を大幅に削減する受注仕様生産 (CTO) 手法の実装を可能にする組み込みソフトウェアライセンシングを提供します。また、フルフィルメントの合理化、保守収益の保護、新しい収益モデルの迅速かつ簡単な実装、多層流通を介した顧客との直接的な関係の構築を可能にするバックオフィスのソフトウェアエンタイトルメント管理機能も提供します。