電子ソフトウェア配信

支出を抑え、環境に配慮し、顧客が必要な場所で必要なときにソフトウェアを利用できるように支援

多くのアプリケーションメーカーは、十分なスケーラビリティとエンタイトルメントへの紐付けに欠け、収益に悪影響を及ぼす自社開発のソリューションをまだ利用していますが、顧客が製品にすばやく、セルフサービスでアクセスできる環境を利用することで、これらの問題を解決することができます。最新機能によりコストを削減して収益認識を確保します。

課題: コストの削減と収益の確保

  • どうすれば新しい製品とアップデートのフルフィルメントコストを大幅に削減することができるでしょうか?
  • どうすればグローバルな顧客へ、製品に対する一貫した、迅速で、信頼性の高いセルフサービスアクセスを提供することができるでしょうか?
  • アップグレード対象の顧客のみアップグレードにアクセスできるようにして、その顧客にアップデートを自動配信することができますか?
  • どうすれば最新のセキュリティパッチをすべての顧客に確実に配布することができるでしょうか?
  • どのように輸出規制に準拠すれば罰金の支払いを避けることができるでしょうか?

ソリューション: エンタイトルメントベースのソフトウェア配信を自動化

エンタイトルメント管理における市場リーダーとして、Flexera Software (フレクセラ・ソフトウェア合同会社) はアプリケーションメーカーがフルフィルメントコストの削減、輸出規制プロセスの合理化、保守収益の保護を行えるように支援します。メーカーは以下のことを行えます。

  • 物理的なフルフィルメントコストを削減 – 電子ソフトウェア配布に切り替えることにより、環境に配慮するとともに、製品収益の 3-4% を節約します。
  • 保守やサブスクリプションからの収益を保護 – 現在保守契約やサブスクリプション契約を結んでいる顧客のみにソフトウェアのダウンロードを許可し、先を見越して保守契約の終了を追跡することで更新率を高め、顧客の製品バージョン別のダウンロード状況のレポートを基に抱き合わせ販売/アップセルによる収益をアップします。
  • 顧客の満足度を向上 – 24 時間週 7 日体制のセルフサービスにより、顧客は必要なときにソフトウェアをダウンロードすることができます。ハイパフォーマンスな配布オプションにより、大きなファイルでもすばやくダウンロードを完了することができます。
  • アップデートを自動配信 – アップデートおよびバグ/セキュリティパッチをすべての顧客に積極的に配信してソフトウェアを保護しサポートコストを削減します。
  • 輸出規制に準拠 – 税金面で有利な地域からソフトウェアを配布して節税しつつ、有効に複雑なソフトウェア輸出規制のコンプライアンス、収益認識、データプライバシーの確保を自動化します。

Flexera Software (フレクセラ・ソフトウェア合同会社) 電子ソフトウェア配信ソリューションは、SAS-70 認定の、エンタイトルメントベースのソフトウェア配信を自動化するソリューションです。アプリケーションメーカーは、顧客が必要な場所で必要なときにソフトウェア利用できるように支援しつつ、環境に配慮し、コストを削減し、輸出規制に準拠して、収益認識を確保することができます。