FlexNet Usage Management

使用ベースの Trust but Verify ソフトウェアライセンシングおよびコンプライアンスモデルのサポート

競争力を保ち、市場シェアを拡大するため、多くのアプリケーション製作者は、企業顧客のニーズの変化に合わせて、ソフトウェアライセンシングおよびコンプライアンスモデルを変更しています。近年、一部の製品と市場において、使用ベースの Trust but Verify ソフトウェアライセンスコンプライアンス管理モデルへの移行、あるいは場合によっては使用した分だけを支払うことを検討する企業顧客が増えています。

FlexNet Operations On-Demand) のエンタイトルメント管理と FlexNet Usage Management を組み合わせることで、次の機能と柔軟性がもたらされます。

  • 使用ベースの Trust but Verify ソフトウェアライセンシングおよびコンプライアンスモデルのサポート 使用ベースの Trust but Verify モデルを実装することで、企業顧客に実際の使用状況に基づいた価格設定 (従量課金、バースト課金、追加課金など) を提供することができます。
  • 実際の使用状況の可視化 – エンタープライズダッシュボードを利用して、企業顧客が実際の使用状況データを監視/制御し、ソフトウェアエンタイトルメントと照合できるようになります。
  • コンプライアンスのイニシアチブをサポート – 使用状況データの使用により、使用状況とエンタイトルメントの照合結果という確実な情報に基づいてコンプライアンスを徹底できるようにします。
  • 使用状況データのエクスポート – アプリケーション製作者は使用状況データを外部の請求システムにエクスポートでき、企業顧客は使用状況データをダウンロードしてパターン分析と最適化に役立てることができます。
View Usage レポート

FlexNet Operations On-Demand の詳細

機能

Capture Usage

Capture any type of usage data in a free form format, including: user, feature, quantity, date time, and/or any unit of measure.

Support Capacity Licensing and Consumption Models

Enable various types of concurrent and metered usage scenarios including capped and uncapped.

Automate Compliance Determination

Compute and reconcile usage against entitlements to continuously track compliance status.

すべての機能を見る