FlexNet Usage Capture

使用量ベースである「信ぜよ、されど確認せよ」ソフトウェア・ライセンスとコンプライアンス・モデルで、従量課金モデルを実現

使用量ベースのソフトウェア・ライセンスとソフトウェア収益化モデルの提供

最近、企業のお客様の多くが、(一部の製品や一部の市場で)使用量ベースである「信ぜよ、されど確認せよ」ソフトウェア・ライセンスとコンプライアンス管理モデルへの移行を希望しています。 これを、永年ライセンスからサブスクリプションへの業界のシフトと組み合わせて考えると、企業の IT 部門は以下のことを望んでいるという事実を示しています。

  • 使用量ベースのソフトウェア・ライセンスで、従量課金制を実現してシェルフウェアを削減
  • 混乱を招くソフトウェア監視の停止
  • コンプライアンスの維持
  • プロジェクト・ニーズに基づいた部門のライセンス使用量の調整
  • ソフトウェア・コストの最適化
  • 個人生活での購入方法に準じたソフトウェアの購入
  • ライセンス・エクスペリエンスの簡素化
  • 仮想化環境での可視性の向上と過剰利用の収益化

重要なのは、使用量ベースのソフトウェア・ライセンスでも、従来のソフトウェア収益化モデルでも、あらゆるニーズを満たすシンプルな、または単一のソフトウェア・ライセンス・モデルは存在しないということです。 実際に、現在の競争の激しい環境で成功するためには、ソフトウェア・ライセンスの全領域に対応する柔軟性が必要です。

FlexNet Licensing(FlexNet Embedded)ソフトウェア・ライセンスと FlexNet Usage Capture および FlexNet Operations Cloud エンタイトルメント管理、FlexNet Usage Management を組み合わせて使用すれば、SaaS とオンプレミスの(接続または非接続の)ソフトウェアやデバイスの使用状況データを収集できます。この収集機能には、以下のようなものが含まれます。

  • 使用量ベースである「信ぜよ、されど確認せよ」ソフトウェア・ライセンスとコンプライアンス・モデルのサポート
  • 企業のファイアウォールやデータセンター内で実行されるオンプレミス・ソフトウェアの使用量の取得のサポート
  • 使用イベントの取得
  • 厳格なライセンス執行から使用量ベースである「信ぜよ、されど確認せよ」モデルまで、ソフトウェア・ライセンス範囲の全体をサポート可能
ソフトウェア・ライセンスの範囲

詳細については、FlexNet Licensing(FlexNet Embedded)を参照してください。