InstallShield Collaboration

分散型のインストーラ開発をサポート

インストーラの統合は反復的な開発に不可欠

従来のインストーラ開発は、アプリケーション開発プロセスの最終段階で専門のチーム・メンバーによって実施される、限定的な独立したステップでした。しかし、今日では、チーム全体が責任を負う、反復的な開発プロセスにおける重要な要素となっており、アジャイル型ソフトウェア開発作業に統合しなければなりません。

分散された共同作業型のインストール開発をサポート

InstallShield Collaboration は、分散アジャイル型のインストール開発をサポートできるように大幅に機能が拡張されており、製品開発者とテクニカル・ライターは、インストーラのそれぞれの担当部分を作成および管理することができます。主要な機能は次のとおりです。

  • Developer Installation Manifest(DIM)と呼ばれる新しいタイプのプロジェクトが用意されました。DIM プロジェクトは機能サイズのプロジェクトで、インストール・パッケージの個々の部分を構成する製品ファイル、ショートカット、レジストリ・エントリ、テキスト・ファイルの変更、IIS Web サイト、その他の要素など、関連するアイテムを集めたものです。
  • 新しい Developer Installation Manifest Editor は、個別にインストールされ、製品開発チーム全体で使用することで、インストール・ファイルを作成および管理することができます。その後、インストーラ作成者はマニフェストを製品の基本の MSI プロジェクトへ動的または静的にリンクします。これにより、製品開発チームとインストーラ開発チーム(特に分散されたチーム)間で求められる共同作業を大幅に合理化し、統合することができます。
  • InstallShield Premier Edition には、Developer Installation Manifest Editor のライセンスが 5 つ含まれているため、製品開発チームはすぐに共同作業を開始できます。