InstallAnywhere with Virtualization and Cloud

既存または新規のソフトウェア製品を仮想およびクラウド・インフラストラクチャに対応させて、Docker コンテナを作成

単一の InstallAnywhere プロジェクトから、Docker イメージや、クラウド、仮想、従来型の環境に対応するインストーラを作成

ソフトウェアの仮想化やクラウドの導入によってもたらされるメリットは、計り知れません。 アプリケーション開発者は、これらのテクノロジがもたらす新しいメカニズムを利用して、エンタープライズ対応の仮想アプライアンスまたはクラウドのホスト型 SaaS 製品の形態で、複雑なソフトウェア・アプリケーションを提供できます。 顧客にとってはこれらのテクノロジによって生産性を向上できるので、ソフトウェアの第一印象が向上します。 既存の環境と新しい環境の両方に対応するために、アプリケーション開発者は顧客が依然として必要としている構成(物理的な従来型のオンプレミス・インストーラ)をサポートする一方で、クラウドベースの製品としてアプリケーションを提供し、Docker などの新しいプラットフォームをサポートする必要があります。 当社のマルチプラットフォーム・インストーラが役立ちます。

InstallAnywhere Premier Edition with Virtualization and Cloud * は、アプリケーション開発者に、既存または新規のソフトウェア製品を仮想およびクラウド・インフラストラクチャに対応させて、Docker イメージを自動的に作成することができる簡単で便利なソリューションを提供するマルチプラットフォーム・インストーラです。

1 つのプロジェクト・ファイルで物理および仮想のアウトプットを実現

  • 単一の InstallAnywhere プロジェクト・ファイルから、Docker イメージと従来型のマルチプラットフォーム・インストーラの両方を作成できます。
  • 顧客は任意の環境に製品をインストールすることができます。

ソフトウェアの仮想化とクラウドベースのデプロイによる簡素化

  • お客様やユーザーがインストールする際に技術的な専門知識を必要としない、クラウド対応のイメージ、Docker イメージ、エンタープライズ対応の仮想アプライアンスを簡単に作成できます。
    • あらゆる InstallAnywhere プロジェクトから Docker イメージを構築: 単一の InstallAnywhere プロジェクトから自動的に Docker イメージと従来型のプラットフォーム・インストーラの両方を作成することにより、デプロイのオプションを増やし、インストーラ開発を簡素化します。 Docker イメージを共有して、Docker Hub とプライベート・リポジトリでアプリケーションを表示できるようにします。
    • クラウド対応の仮想アプライアンス: マルチプラットフォーム・アプリケーションを自動的に Amazon EC2 へデプロイすることで、クラウドへの移行を容易にします。
    • エンタープライズ対応の仮想アプライアンス: マルチプラットフォーム・アプリケーションをエンタープライズ対応の仮想アプライアンス(OVF 1.1 準拠)としてデプロイすることで、顧客の仮想マシン・インフラストラクチャ内で簡単にプロビジョニングすることができます。
  • インストールの複雑さから、従来は対象外だった市場に参入できます。
  • クラウド・ホスト型/仮想マシンの評価、デモ、仮想ラボを、制御された設定済みの環境で作成できます。
  • 多階層仮想アプライアンスの構築:多階層アプライアンスの評価と製品のデプロイを簡素化します。
  • 仮想アプライアンスの構築を合理化:既存の仮想マシンから直接仮想アプライアンスを作成することにより、すばやく簡単に構築できます。
  • 64-bit 仮想アプライアンス:64-bit プラットフォームで新しいテクノロジをサポートします。

拡張仮想アプライアンス・プラットフォームのサポート

  • Red Hat Enterprise Linux
  • CentOS
  • SUSE Enterprise Linux

*InstallAnywhere Premier Edition with Virtualization and Cloud には、InstallAnywhere 2015 Premier Edition が必要です。

機能

機能強化 あらゆる InstallAnywhere プロジェクトから Docker イメージを構築 Premier Edition with Virtualization and Cloud

単一の InstallAnywhere プロジェクトから自動的に Docker イメージと従来型のプラットフォーム・インストーラの両方を作成することにより、デプロイのオプションを増やし、インストーラ開発を簡素化します。 Docker イメージを共有して、Docker Hub とプライベート・リポジトリでアプリケーションを表示できるようにします。

  • パブリックおよびプライベートの Docker リポジトリから、簡単にイメージを検索して、Docker がサポートされているあらゆるシステム/マシンにある分散型アプリケーションを実行するコンテナをビルドします。仮想、物理、クラウドのいずれでも可能です。
  • Docker イメージ設計時に、InstallAnywhere は、編集して簡単にカスタマイズできる Dockerfile を自動的に作成します。

クラウド対応の仮想アプライアンスPremier Edition with Virtualization and Cloud

既存のインストーラ・プロジェクト情報を再利用して、Amazon マシン・イメージ作成プロセスを簡素化します。 これらのイメージは、お客様と共有できますし、Amazon EC2 に直接デプロイすることもでき、クラウドの移行が簡単にできます。

エンタープライズ対応の仮想アプライアンスPremier Edition with Virtualization and Cloud

既存の仮想マシンから直接仮想アプライアンスを作成することにより、すばやく簡単に構築できます。64 ビットの仮想アプライアンスの構築もサポートされます。 既存のインストール・プロジェクト情報を再利用し、VMware(OVF 1.1 準拠)に合わせて最適化されたエンタープライズ対応の仮想アプライアンスとしてマルチプラットフォームを構築します。 複雑なアプリケーションの評価、デモ、および本番環境の展開に最適です。

すべての機能を見る