InstallAnywhere

単一のプロジェクト・ファイルから、物理、クラウド、仮想環境のすべて、そして Docker コンテナに対応したマルチプラットフォーム・インストーラを作成

プロフェッショナルな信頼性の高いマルチプラットフォーム・インストーラ

InstallAnywhere は、プロフェッショナル向けに一貫性の高いマルチプラットフォーム・インストレーション・エクスペリエンスを物理、仮想、クラウドの各環境に提供するアプリケーション開発者向けの最先端のインストーラ開発ソリューションです。 InstallAnywhere では、単一の InstallAnywhere プロジェクトから、オンプレミス・プラットフォーム(Windows、Linux、Apple、Solaris、AIX、HP-UX、IBM)に対応した信頼性の高いインストーラを作成し、既存または新規のソフトウェア製品を仮想インフラやクラウド・インフラに取り込み、Docker コンテナを作成することができます。

オンプレミス環境および仮想環境における複数のプラットフォーム用のアプリケーションを開発する場合、それぞれのインストーラを手作業で作成しようとすると、多くの時間がかかるばかりか、エラーも生じやすくなります。 リリースの遅延やインストール・エラーの発生につながることが多く、エンド・ユーザーの不満が高まり、サポートのコストが増大します。 社内のリソースやスキルが不足しているために、クラウド環境、仮想環境、および Docker などの新しいプラットフォームのメリットを享受できずにいる企業もあります。

オープン・ソース・プラットフォームの Docker をサポートする初めてのインストーラ開発ソリューションである InstallAnywhere を使用することで、マルチプラットフォームに関する経験が非常に浅いインストーラ開発者であっても、物理および仮想環境やコンテナ導入のほぼすべてのプラットフォームに対応するプロフェッショナルなインストール・ソフトウェアを作成することができます。 InstallAnywhere には Professional Edition と Premier Edition があります。

ソフトウェア開発期間の短縮

  • Project Wizard と Advanced Designer を使用して、数分でマルチプラットフォーム・インストーラ・プロジェクトを構築。コード作成は不要
  • 1 つのプロジェクト・ファイルを使用して、物理環境と仮想環境の両方で、複数のプラットフォームにソフトウェアをインストール
  • 高度なカスタマイズと構成オプション、およびアクセシビリティ・サポートにより、非常に複雑なアプリケーションのインストーラも作成可能

カスタム・インストールでエンド・ユーザーに高い満足度を

  • カスタム・グラフィックス、アニメーション、透明なイメージを使用することで、企業や製品ブランドに合ったインストーラを作成
  • インストーラ・テキストを 31 言語に自動的にローカライズ
  • 広範囲な標準アクションおよびカスタム・コード API を使用して、マルチプラットフォーム・インストーラに、各プラットフォームに固有の機能を追加

仮想およびクラウドベースのデプロイを簡素化

  • クラウド対応の仮想アプライアンスを簡単に作成し、マルチプラットフォーム・アプリケーションを自動的に Amazon EC2 にデプロイ
  • エンタープライズ対応の仮想アプライアンスを簡単に作成し、マルチプラットフォーム・アプリケーションを自動的にデプロイ(OVF 1.1 に準拠)

あらゆる InstallAnywhere プロジェクトから Docker イメージを構築*

  • 単一の InstallAnywhere プロジェクトから Docker イメージと従来型のインストーラを自動的に作成

InstallAnywhere 2017 の新機能

  • 新機能 Advanced UI デザイナ:インストーラ・パネル用の WYSIWYG デザイナにより、DPI を意識した魅力的なインストーラを迅速かつ簡単に作成できるようになりました。 デザインはテンプレートとして保存し、再利用できるので、全ての製品にわたって一貫したブランディングを行えます。 (Premier Edition with Virtualization and Cloud、Premier Edition、Professional Edition)。
  • 新機能 Rules Manager:ファイル・タイプに基づいて自動的に適用される再利用可能なプラットフォーム・ルールを定義することで、マルチプラットフォーム・インストーラの開発を簡素化します (Premier Edition with Virtualization and Cloud、Premier Edition、Professional Edition)。
  • 新機能 Linux® パッケージ・マネージャからの依存関係のインストール:Linux パッケージ・マネージャから依存関係をインストールすることで、Linux のベスト・プラクティスを実装し、RPM と DEB の前提条件を管理する作業を削減します (Premier Edition with Virtualization and Cloud、Premier Edition)。
  • 機能強化 IBM DB2、Microsoft® SQL、MySQL®、および Oracle® へのデータベースのインストール:業界をリードするデータベース・サーバー(IBM DB2、Microsoft SQL、MySQL、Oracle)へ簡単に接続できるようにすることで、複雑なアプリケーションのインストーラ開発を簡素化します。組込みパネルにより、インストーラをデータベース・サーバーに簡単に接続できます (Premier Edition with Virtualization and Cloud、Premier Edition)。
  • 機能強化 あらゆる InstallAnywhere プロジェクトから Docker イメージを構築:単一の InstallAnywhere プロジェクトから自動的に Docker イメージと従来型のプラットフォーム・インストーラの両方を作成することにより、デプロイのオプションを増やし、インストーラ開発を簡素化します。 Docker イメージを共有して、Docker Hub とプライベート・リポジトリでアプリケーションを表示できるようにします。 (Premier Edition with Virtualization and Cloud)。

*InstallAnywhere Premier Edition with Virtualization and Cloud が必要

機能

Windows® 10 を含む、マルチプラットフォーム・アプリケーション向けに Java ベースのインストーラを作成Premier Edition、Professional Edition

単一のマルチプラットフォーム・インストーラ・プロジェクトを作成することにより、Windows®、Apple®、Linux®、Solaris®、HP-UX、AIX、IBM® の最新バージョンを含む、アプリケーションが対応している各プラットフォーム向けにインストーラをビルドし、工数を削減できます。 プラットフォーム特有のインストール要件に容易に対応し、システム環境変数を読込んで設定し、エイリアスを作成し、ショートカットとリンクをインストールし、Windows サービスとレジストリ編集を管理します。 32-bit サブシステムが無効になっている Windows Server Core 環境にアプリケーションをインストールする、64-bit インストーラを作成します。

新機能 Advanced UI デザイナ Premier Edition with Virtualization and Cloud、Premier Edition、Professional Edition

インストーラ・パネル用の WYSIWYG デザイナにより、DPI を意識した魅力的なインストーラを迅速かつ簡単に作成できるようになりました。

デザインはテンプレートとして保存し、再利用できるので、全ての製品にわたって一貫したブランディングを行えます。

新機能 Rules Manager Premier Edition with Virtualization and Cloud、Premier Edition、Professional Edition

ファイル・タイプに基づいて自動的に適用される再利用可能なプラットフォーム・ルールを定義することで、マルチプラットフォーム・インストーラの開発を簡素化します。

すべての機能を見る

エディション

Professional

使いやすいマルチプラットフォーム・インストーラ・ソリューション

 

Premier

世界で最も強力なマルチプラットフォーム・インストーラ・ソリューション

 

Premier with Virtualization and Cloud

世界トップクラスのクラウド対応マルチプラットフォーム・ソリューション

試用版お申込み