ソフトウェア保守の更新を削減

使用しているアプリケーションの保守費用のみを支払う。アプリケーションの統合

更新管理ソフトウェア

典型的な IT 予算の場合、毎年の保守費用の合計には、その年に購入した新しいソフトウェアの分が加算されます。  しかし、どのくらいの頻度でソフトウェアの保守サービスを見直しているでしょうか?  そして、どこから着手するべきかを把握しているでしょうか?

ソフトウェアの保守費用の管理

Flexera Software の FlexNet Manager Suite for Enterprises は、包括的なレポート・セットと詳細なクエリにより、ソフトウェアの保守費用の管理能力を復活させます。 保守に関する請求書や予算外の保守費用に驚くのは終わりにしましょう。

シェルフウェアに終止符

FlexNet Manager Suite を使用して、ソフトウェアの保守契約を結んでいるすべてのアプリケーションを見直し、どのくらい企業の物理および仮想環境内にインストールされ、使用されているかを把握します。  一目でインストールされていないアプリケーションや使用されていないアプリケーションがわかるため、ソフトウェアの保守契約を終了して、すぐに節約することが可能です。

実際のインストールや使用状況に基づく更新

ライセンスの所有権がインストール数や実際の使用を大幅に超えているアプリケーションを特定します。  未使用のソフトウェアをアンインストールし、FlexNet Manager Suite を使用して詳細なレポートを作成して、現在支払いの対象であるソフトウェアよりもインストールされているコピー数が少ないソフトウェアについて、ライセンスと保守更新料の削減を交渉します。

「Enterprise Compliance Manager の導入から数週間で、我々のエンタープライズ・ライセンスを減らせることがわかりました... 投資額は、約 7 ヵ月で回収できました」

Osmose Holdings、IT ディザスタ・リカバリおよび運用サポート・コーディネーター、David Meacham 氏

統合と一元管理

大規模な IT 組織では、多くのアプリケーションの数々のバージョンを使用し、調達元もさまざまで、個別にソフトウェア保守契約を結んでいることがよくあります。  FlexNet Manager Suite を使用して次の作業を行うことで浪費を防ぎ、保守割引を最大限に引き出すことができます。

  • 重複の特定
  • ソフトウェア保守管理の一元化
  • ソフトウェア製品、ソフトウェア・バージョン、メンテナンス・プロバイダーの統合