購入ライセンスの抑制

過剰購入の防止、ライセンスの回収と再利用

購入済み資産の利用の最大化

多くの組織でライセンスが不足するよりは、多めに所有することが好まれる傾向にあります。ライセンスされているすべてのアプリケーションと使用されているアプリケーションの詳細なデータを提供し、使用権の理解を支援するライセンス管理戦略が施されていない限り、この傾向によってソフトウェア・ライセンスを過剰に購入して予算を浪費してしまいます。

既に購入したソフトウェア・ライセンスを使用する

Flexera Software (フレクセラ・ソフトウェア合同会社) の FlexNet Manager Suite for Enterprises は、物理的および仮想的にライセンスされ、インストールされ、使用されているアプリケーションについて、包括的な企業全体のデータを提供する唯一のソリューションです。Flexera Software (フレクセラ・ソフトウェア合同会社) のライセンス・コンプライアンス・サービスで、Microsoft、Adobe、その他の主要ベンダーの製品使用権を十分に活用して、過剰なライセンス購入を防ぐことができます。

ライセンスを回収する

インストールされているけれども使用されなくなったライセンスを回収することで、ライセンス購入を回避することもできます。使用されなくなったハードウェアや職務が変更になった社員が所有していたライセンスなど、多くの「導入済み」ライセンスを再利用することができます。

インストールされたといっても使用されているとは限らない

必要の有無に関わらず、部署全体の標準パッケージとしてインストールされるソフトウェアはどれぐらいありますか? FlexNet Manager Suite では、アプリケーションの実際の使用状況を追跡して、使用されたことのないインストール済みソフトウェアを特定し、アンインストールして、ライセンスを回収することが可能になります。Flexera Software (フレクセラ・ソフトウェア合同会社) の Enterprise Deployment Suite では企業全体の PC、ラップトップ、サーバーから未使用のソフトウェアの削除処理を自動で行うことができます。

「FlexNet Manager Suite の実装が済むと、ライセンスが大幅に超過していることが判明しました。ある程度は予想していましたが、その結果には非常に驚きました。地域レベルで調達を行った結果、ラップトップなどの機器の購入と同時に必要のない新しいソフトウェアを購入していることもわかりました。イギリスだけで超過したサブスクリプションは合計数十万ドルにも上りました。」

Rentokil Initial 社 IT サービス部長 Martyn Howe 氏

製品使用権 = 迅速な ROI と最大限のコスト削減

製品使用権を十分に活用するライセンス管理戦略により、IT コストの削減という点で大きな利点を享受できます。使用権は、理解が不十分であったり、うまく追跡されていないことが多々あり、結果としてソフトウェア・ライセンスを過剰に購入してしまうことがあります。たとえば、二次使用/モバイル使用が考慮されないことが頻繁にあり、そのため既存のライセンスでユーザーごとに複数台のマシンでアプリケーションの使用が許可されていたとしても、ライセンスを過剰に購入してしまうことがあります。

Flexera Software (フレクセラ・ソフトウェア合同会社) は、製品使用権と共に購入とインストール情報を考慮したライセンス・コンプライアンス・サービスを提供します。サービスの利用により、現在のライセンス・ポジション、コスト削減の可能性、実現可能な効率向上のための現実的な提案を示す「ライセンス・ポジション」レポートを入手できます。