アプリケーションの仮想化の実装

IT コストを効率的に管理しながら刷新を促進

政府 CIO は、ソフトウェアの仮想化を IT インフラストラクチャーの変革能力と近代化能力を向上させつつ、IT コンピューティングコストやエネルギーコストを削減する手段として捉えています。アプリケーションの一新にかかるコストが十分に査定されていないにも関わらず、多くがこの戦略を進めています。それでは、どのように効率良く、迅速に何百、何千というミッションクリティカルな機関のアプリケーションを Microsoft App-V、VMware ThinApp、Citrix XenApp、その他のソフトウェアの仮想化プラットフォームに対応させることができるでしょうか。

ソフトウェアの仮想化は、元々アプリケーションの競合に対応するための方法でした。その後、IT でソフトウェア配布モデルの代わりとなるものとして捉えられるようになり、その人気が高まりました。IT 管理者からは、アプリケーションの配布が今や戦略的役割を引き受けると同時にクライアントデバイスでのインストールや保守の必要なくソフトウェアを配布する低コストで高効率な方法を提供するという点で好まれています。セキュリティ能力と管理能力の両方が確保されるという利点があります。IT 開発者からは、以前のインストールアプリケーションでは競合が発生していなかったコードの記述を行わなければならないという課題と格闘する必要がなくなるという点で好まれています。

ソフトウェアの仮想化:計画の着手

ソフトウェアの仮想化は、現在と将来の要件を評価することから始まります。基盤となる仮想化テクノロジーは、それぞれの実装で非常に異なるため、かなり独自性があります。限られたスタッフの中から多大な時間と労力を必要とする新しいプロジェクトの着手には、当然のことながら躊躇することでしょう。しかし、 自動パッケージングテクノロジーの長所は、最小限の経費と大幅な時間の節約によって、ソフトウェアの仮想化に対応するアプリケーションを準備できることです。これにより、ソフトウェアの仮想化プロジェクトを戦略的計画リストのトップに持ってくることができます。

ソフトウェアの仮想化戦略を評価し、計画を立案する際には、次の点を考慮します。

  • 既に所有しているものを活用する
    多くの部門や機関では、既に従来のアプリケーションを MSI に変換しています。これらをソフトウェアの仮想化向けに変換する必要があります。この作業にはあまり多くの時間を費やしたくはありません。
  • 仮想化アプリケーションの信頼性を確保する
    ソフトウェアの仮想化によって、既に動作している機能を壊すリスクを負いたくはありません。そのため、仮想アプリケーションの準備、編集、テストの時間を最小限に抑えつつ、配布成功率を最大限に高める必要があります。
  • 仮想化するアプリケーションを知る
    変換候補のアプリケーションを知ることで時間を大幅に節約できます。事前の変換評価によって、適切な判断を迅速に下すことができます。これは、Windows 7 への移行をソフトウェアの仮想化プロジェクトと組み合わせることで最適化されたデスクトップインフラストラクチャーがもたらされることから、32 ビット版や 64 ビット版の Windows 7 への移行の計画にも有効です。
  • 学習曲線を最小限に抑える
    仮想化アプリケーションを作成するネイティブツールやサードパーティ製ツールは、使い方が難しくまた機能も制限されがちです。速やかに導入できなかったり、予算外のトレーニングが必要になることがあります。使い慣れたソフトウェアパッケージングツールを使用することで、移行時間を短縮できます。

ベストプラクティス:ベンダー中立のソリューションの利用

仮想プラットフォームについて決定しかねている場合、上記のいくつかの課題はソフトウェアの仮想化ベンダーを幅広くサポートするソフトウェアパッケージングツールで取り除くことができます。これにより、ベンダーの製品に制限されることなく、今の要件に合ったソフトウェアの仮想化テクノロジーを自由に選択することができます。