Windows 7 へのアプリケーションの移行

ソフトウェアパッケージングツールを活用した移行作業の自動化と標準化

多くの政府部門や機関が「Microsoft Windows 7 への移行にいつ着手するか?」と考えています。多くが Microsoft のサポート方針に準拠したまま、古い OS バージョンからの移行を望む一方、生産性、信頼性、パフォーマンス、セキュリティの強化を必要としている部門もあります。

オペレーティングシステムの移行は、一筋縄では行かずに多くの時間と費用がかかります。しかし、移行の成功によって、セキュリティ、業務の近代化、部門間や機関同士の協力体制や透明性を促す新しい方法がもたらされます。それでは、どのようにして Windows 7 への移行におけるリスクを最小限に抑えることができるでしょうか?オペレーティングシステムの移行により生じる混乱と費用を最小限に抑えつつ Windows 7 が提供する利点を実現させるにはどうしたら良いでしょうか?

アプリケーションの互換性の問題の特定と解決

Windows 7 上でアプリケーショが予想通りにインストールされ実行されるようにすることが、大規模なオペレーティングシステムの移行における最も困難で時間のかかる作業です。従来のコンポーネントと機能の多くが Windows 7 で変更され、古いバージョンとは機能が異なります。アプリケーションの管理と配布を単純化して、向上させるため、多くの組織で 32 ビット版または 64 ビット版 Windows 7 への移行とソフトウェアの仮想化プロジェクトを組み合わせて、最適化されたデスクトップインフラストラクチャーを目指しています。

Windows 7 への移行には、重要な利点が得られる一方で失敗のリスクやプロジェクトの注目度が高いという特性から、躊躇が見られます。Windows 7 への移行は、時間、予算、評判の観点から、IT 組織に大きな影響を与えます。アプリケーションの互換性を確保し、アプリケーションを最適なパフォーマンスと機能で配布することが不可欠です。アプリケーションの配布を単純化するため、多くの IT 部門で Windows 7 への移行とソフトウェアの仮想化プロジェクトを組み合わせて、最適化されたデスクトップインフラストラクチャーを目指しています。アプリケーションの互換性の分析、問題の修正、従来の MSI パッケージまたは仮想パッケージによるアプリケーションの作成を行うことで、リスクの軽減、時間の短縮、費用の削減を実現する適切なアプリケーション準備ツールセットを利用することにより、Windows 7 とソフトウェアの仮想化への移行を促進することができます。適切なツールセットにより、IT 部門は、Windows 7 とソフトウェアの仮想化への移行における両方でプロセスを明確に定義し、追跡可能で繰り返し可能なプロセスを確立することができます。

Windows 7 への移行のベストプラクティス

一般に、大きな移行プロジェクトでは、多くの時間がサードパーティ製およびカスタムアプリケーションのテストや準備に費やされます。コスト効率高く、徹底した方法でこれらを行うには、次のステップを含むプロセス全体を自動化して管理する必要があります。

Key Phases

専門家は、Windows 7 への移行プロジェクトに先立って、最善のソフトウェアパッケージングテクノロジーを配備することを推奨しています。このようなテクノロジーによって、ソフトウェアのパッケージングとテスティングプロセスの処理の迅速化が可能になります。また、信頼性が高く、ミッションクリティカルな環境で実証されているため、タイムリーに円滑に Windows 7 へ移行できます。さらに、適切なアプリケーションパッケージング、アプリケーション準備、そしててプロセス管理テクノロジーによって、リスクを抑えながら、Windows 7 への移行プロセスを迅速化できます。

Windows 7 は、以前の Microsoft オペレーティングシステムと比べて、多くの利点をもたらします。Windows 7 への移行のベストプラクティスと最善のアプリケーションパッケージングソリューションに基づいて、明確な計画を立てることにより、エラーを最小限に抑え、アプリケーションを Windows 7 へすみやかに移行させることができます。

Additional Resources: