ソフトウェア・コストの最適化

財務的な目的を達成するためにソフトウェア資産をプロアクティブに管理

ソフトウェアのライフサイクル全体を管理してコストを削減

ソフトウェアはすべての IT 支出の 25% も占める場合があります。ソフトウェアは戦略的資産ですが、ほとんどの企業にはソフトウェア支出を管理および最適化する戦略的ソリューションがありません。調達の割引のみを重視し、さらに実際のアプリケーション使用とソフトウェア製品の使用権を把握するプロセスとツールが欠如しているため、毎年、企業は数十億ドルもの過剰支出をしています。このため、組織内に成熟したソフトウェア資産管理とライセンス最適化プログラムを採用することは非常に重要です。

課題:ソフトウェア資産全体の複雑性の管理

  • ボリューム契約やベンダー統合の取り組みなどを効果的に活用して、現在と将来のソフトウェア・ライセンスの支出を最適化して、本当に必要で使用するものに対してのみ支出することはできますか?
  • ハードウェアとソフトウェアの変更による即座および継続的な財政的な影響を把握していますか?
  • ソフトウェア資産のチャージバック(課金)、ショーバック、回収、およびリースに関する正確な情報を把握していますか?
  • 将来のソフトウェアのニーズを予測し、実際の使用傾向に基づいてソフトウェア支出を最適化できますか?

ソリューション:全社規模のソフトウェア・ライセンス最適化

Flexera Software は、ソフトウェア・ライセンスを管理および最適化する全社規模のソリューションを提供することで、企業のソフトウェア支出を最大 30% 削減しました。これらは高度なソフトウェア資産管理です。これらのソリューションにより、企業は次のことを実現できます。

  • 資産の集中管理—資産を集中管理し、部門や地理的位置を越えたボリューム・ディスカウントを最大化して規模の経済を活用し、ソフトウェアの過剰支出を抑制します。エンタイトルメントを確実に活用し、すべてのベンダーからのあらゆる資産を完全に使用し、必要なもののみを購入します。
  • ライフサイクル全体の管理—調達から配布、使用、廃棄に至るまでアプリケーション・ライフサイクル全体を通じてライセンス最適化プロセスを統合し、各アプリケーションを継続的に管理して、その使用状況を把握します。
  • 詳細な分析による実績ベースの意思決定を行う—購入、契約(エンタイトルメントおよび製品使用権)、インストール、使用状況データを一括管理して突合・整合化し、ソフトウェア資産全体の分析情報を取得することで、詳細な分析による実績ベースの意思決定が可能となり、ベンダーとより効果的な交渉ができます。
  • 購買プロセスとの統合—資産の購入からその継続的な使用と廃棄に至るまでのサイクルを管理し、所有している資産と、使用している資産の最新で正確な情報に基づいて、新しい購入が本当に必要であるかを確認します。

Flexera Software のソフトウェア支出の最適化ソリューションは、コストの削減、運用効率の向上、ベンダー管理の改善を行うと同時に、財務上の義務を果たせるようにソフトウェア資産をプロアクティブに管理します。