ソフトウェア・ライセンス・コンプライアンス管理ソフトウェア

すべてのアプリケーションの継続的なコンプライアンスを実現

集中管理されたソフトウェア・ライセンス管理と制御による、ライセンス・コンプライアンス・リスクの削減

ソフトウェア資産のコンプライアンス・リスクの管理は、ソフトウェア・ライセンス契約の複雑さ、ソフトウェア・ライセンス管理のベスト・プラクティスの不足、すべてのソフトウェア購入の完全な集中管理と制御ができないことにより、ますます困難な課題となっています。合併と買収、クラウドおよび仮想実装は、問題をさらに悪化させています。ほとんどの企業は、ソフトウェア・ライセンス契約のコンプライアンスを順守する意思はあるものの、その実践に苦慮しています。このような状況で、コンプライアンス管理ソフトウェアが効果を発揮します。

課題:継続的なライセンス・コンプライアンス

  • コーポレート・ガバナンスとリスク管理のプラクティスをソフトウェアに適用するにはどのようにすれば良いでしょうか?
  • ソフトウェア監査に対して常に準備が備わっていることを、コスト効率良く確認するにはどのようにすれば良いでしょうか?
  • 仮想化、クラウド、およびその他の新しいテクノロジを活用する場合に、コンプライアンス状態を維持するには、どのようにすれば良いでしょうか?

ソリューション:事実と分析情報に基づく集中管理されたプロセス

ソフトウェア・ライセンス・コンプライアンスの課題に対応するには、企業は事実と分析情報を活用して、そのライフサイクルを通じてソフトウェア資産管理を最適化する継続的なプロセスを促進する、集中管理されたソフトウェア・ライセンス管理プロセスを導入する必要があります。Flexera Software のコンプライアンス管理ソフトウェア・ソリューションを使用して、企業は以下のことを実行できます。

  • 適切な情報の活用–既存のビジネス・システムと統合して、ソフトウェアのインベントリ、購入、使用状況、エンタイトルメント、製品使用権データを集約および突合・整合化し、継続的なコンプライアンス管理に必要となる適切な情報を取得して、常に監査に備えます。
  • ライセンス割り当てとソフトウェア運用の集中管理–デスクトップからデータセンター、物理から仮想やクラウドベースに至るまで、1 つのダッシュボードを使用してすべてのソフトウェア資産を管理し、コンプライアンス管理に対するグローバルで包括的な戦略を実践します。エンタープライズ・アプリケーション・ストアを導入して、アプリケーションのリクエストを管理して、ソフトウェアをさらに購入する前に利用可能なライセンスをチェックします。
  • ライセンス割り当て運用のコントロールを獲得–コンプライアンスに関する警告の設定、計画されたハードウェアとソフトウェアの変更によるライセンス状態への影響の評価、購入注文処理などのライセンス管理タスクの自動化によって、エンタイトルメントが正確に把握できるようにして、ソフトウェア資産をプロアクティブに管理します。
  • 継続的な改善の実現–重要業績評価指標(KPI)とメトリックを測定および管理して、現在のプロセスとシステムを評価し、継続的な改善のためのロードマップを策定します。これにより、基本的な資産管理からクラス最高のソフトウェア・ライセンス最適化に移行し、継続的なコンプライアンスとソフトウェア支出の最適化を実現します。

Flexera Software のライセンス・コンプライアンス管理ソフトウェア・ソリューションは、次世代のソフトウェア資産管理能力を自動化します。これらのソリューションは、ソフトウェア資産ガバナンスをサポートし、組織がソフトウェア資産全体で継続的なコンプライアンスを維持できるようにしてリスクを低減します。