Microsoft ライセンスの課題

ソリューションの概要

Microsoft ライセンス管理

主要ソフトウェア・ベンダーすべての中で、Microsoft の製品が最も幅広く普及していることはほぼ間違いありません。 ほとんどの企業が、その規模を問わず、オペレーティング・システムやデスクトップ・アプリケーションからビジネスを展開するクラウド・サービスまで、さまざまな Microsoft 製品に依存しています。 ところが Microsoft のライセンス制度は非常に複雑です。そのため、コストを抑えてコンプライアンスを維持するには、成熟したソフトウェア資産管理(SAM)プロセスと高度なライセンス最適化ツールが必要となります。

課題:複雑な Microsoft のライセンスを管理する

  • 御社では、どのボリューム・ライセンス契約が組織に最適であるか、どのように判断されていますか? たとえば Enterprise Agreement(EA)、Microsoft Products and Services Agreement (MPSA)、Open 契約といった、さまざまな契約があります。
  • EA 契約の年次補正に、容易に対応できていますか? この 1 年で何が導入され、実際に使用されているのは何か、把握されていますか?
  • 御社では、Microsoft ライセンス・ポジションは理解されていますか?ライセンス契約は遵守されていますか? ソフトウェア監査を受けるリスクが高まってはいませんか?
  • 御社では、ライセンス契約の一環として付与されている、Microsoft 製品の利用条件や製品使用権は、理解されていますか? これらの製品使用権を十分に活用して消費を削減できているでしょうか?
  • 御社では、さまざまな Microsoft ライセンス・モデル(デバイス、ユーザー、プロセッサー、コア、サーバー、CAL など)はどのように管理されていますか? ライセンス・モデルは、ライセンス消費を計算するために使用するものです。

ソリューション: Microsoft ライセンス最適化

Flexera Software は、企業のお客様が Microsoft ライセンスを効率的に管理し、最適化できるよう、FlexNet Manager for Microsoft ソリューションを提供しています。 このソリューションにより、以下のことが可能になります。

  • Microsoft ライセンス契約とのコンプライアンスを維持することで、ソフトウェア監査のリスクを減らし、予算外の監査補正費用を最小限に抑える。
  • 製品使用権を適用して最適なライセンス・ポジションを調べ、ライセンス消費を減らすプロセスを自動化することで、Microsoft ソフトウェアにかかるコストを削減する。
  • 使用していないソフトウェアのライセンスを回収するプロセスを自動化することで、既存のソフトウェア資産の利用度を最大限に高め、新たなライセンス購入を先延ばしにする。
  • この年 1 度のイベントに備えた EA 補正レポートの作成が容易になる。