アプリケーションの移行

変更によりソフトウェア管理をコントロール

従来は、アプリケーションの移行が行われることはほとんどありませんでした。今日では、企業は新しいオペレーティングシステムにアップグレードするだけでなく、クラウド/仮想化ソリューションやベストプラクティスの採用を進めているため、IT 部門は時間やコストのかかる、サポートやアップグレード問題に取り組まなければならなくなりました。IT 部門は、BYOD (私有デバイスの業務利用)、モビリティの増加に対するユーザーの要望への対応、新しいデバイスのサポート、要件の適用範囲の拡大などの課題にも直面しており、ソフトウェアの管理はかつてないほど困難になっています。

課題: 継続的なアプリケーション変更の管理

  • 組織変更、買収や合併、事業分割およびアウトソーシングによるコンプライアンスとコストの変更を適切に管理することができますか?
  • Windows 7/Windows 8、Windows Server 2012、仮想、クラウドおよび BYOD のような新しいプラットフォームに適切にアプリケーションを移行して、ユーザーに優れたアプリケーション体験を提供することができますか?
  • デスクトップの移行をサポートするにはどのようにデスクトップ管理プロセスを強化してユーザー中心のソフトウェア配布を行えば良いのでしょうか?

ソリューション: アプリケーション使用管理の自動化

Flexera Software (フレクセラ・ソフトウェア合同会社) のソリューションは、変化するビジネス環境の中、ビジネス上の課題であるアプリケーションの使用状況を管理するために、世界中の企業で採用されています。重要なビジネスプロセスを自動化することで、企業は以下のことを行えます:

  • アプリケーションの移行 — プラットフォームをアップグレードする際に最も重要なビジネス優先事項は、業務遂行に必要なアプリケーションが動作するかどうかです。互換性を評価し、コンフリクトを解消し、確実にパッケージングできる自動アプリケーション準備プロセスを利用してアプリケーションを移行することで、IT 部門が認定した互換アプリケーションを新しいプラットフォームに提供できます。
  • コンプライアンスリスクの管理 — 監査のリスクがある、または最も高価なアプリケーションのソフトウェアライセンスポジションを最適化する自動ソフトウェア資産管理プログラムを適用して、プラットフォームの移行、新しい環境 (クラウドや仮想化を含む) やビジネスの変更に伴うソフトウェアライセンスのコンプライアンス違反に対応します。
  • 仮想化とクラウドの採用 — 共通のソリューションからアプリケーション配布モデルを組み合わせるようにデスクトップ管理プロセスを自動化し、アプローチに関係なく一貫性を確保します。

Flexera Software (フレクセラ・ソフトウェア合同会社) のアプリケーションの移行ソリューションは、混乱しがちなアプリケーションのライフサイクル全体のビジネスプロセスを自動化して、IT 部門が継続的で多様なソフトウェアの変更を管理できるようにします。