Software Vulnerability Manager

SecOps プラットフォーム一式

Software Vulnerability Manager

IT セキュリティ・チームおよび IT 運用チームは、Software Vulnerability Manager から出力される情報を使うことで、脆弱性が悪用されて侵害され、コストが発生する前に、脆弱性のあるアプリケーションを継続的に追跡、特定、修正できます。Secunia Research によって明らかにされた情報、タイムリーな脆弱性勧告、正確な評価、セキュリティ・パッチすべてを 1 つのコンソールから確認することで、SecOps の施策を支援します。

SecOps

セキュリティ・チームおよび運用チームが効果的に連携できる体制を構築することで、より迅速かつ正確に最新の脅威に対応

データの整合性、カスタム・ビュー

最新の調査、評価済み脆弱性、修正作業に関する整合性のあるデータを IT セキュリティ・チームと IT 運用チームで共有するとともに、カスタム・ビューを使って効果的に連携します。

修正ポリシー

脆弱性管理ポリシーおよびワークフローを実装します。エンド・ツー・エンドで修正プロセスを推進およびレポートすることで、SLA を確実に達成します。

ITSM チケットとワークフロー

ServiceNow チケットおよび BMC Remedy チケットを作成して、勧告から修正まで、脆弱性を追跡します。

IT セキュリティ

Secunia Research によって明らかにされた最新の情報を活用し、お客様の業務に影響するおそれのあるソフトウェア脆弱性を把握

ハッカーによる攻撃を軽減

Secunia Research および Assessment の最新の結果を追跡することで、修正作業を支援し、ハッカーによる攻撃を効果的に軽減します。

継続的な情報提供

勧告、アラート、チケット、レポートを確認し、ソフトウェア脆弱性/セキュリティ・パッチの情報を把握することで、より迅速に対応できます。

優先順位付け

最も重要な製品に関する脆弱性調査、ニュース、アラートに重点を置きます。

IT 運用

修正を迅速に追跡し、最新のサードパーティ製セキュリティ・パッチに簡単にアクセス

SCCM で配信可能なサードパーティ製セキュリティ・パッチ

Microsoft 以外の数百のアプリケーションについて、WSUS および SCCM に対してセキュリティ・パッチを優先順位付けし、設定、配信します。

設定は初回のみ

パッチを一旦設定するだけで、それ以降の更新は自動的に処理されます。

広範なパッチ評価

20,000 件を超える脆弱性のあるアプリケーションを継続的に評価します。