Personal Software Inspector: 機能

無償セキュリティ・ソフトウェア

機能

プログラムの自動更新

ユーザーが自らいくつものソフトウェア・ベンダーの Web サイトにアクセスし、更新メカニズムについて悩まずに済むよう、安全でないプログラムを自動的に更新します。標準的なプライベート PC の場合、自動化ソリューションなしでは、およそ 75 個のプログラムにパッチを適用するために、25~30 種類の異なる更新メカニズムを把握する必要があります。

8 ヵ国の言語に対応

英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、アラビア語、デンマーク語、ノルウェー語、オランダ語 手順や推奨を理解することは、セキュリティの重要な側面だからです。

数千ものベンダーのソフトウェアを網羅

Personal Software Inspector は、数千種類のプログラムに対応。安全でないプログラムを自動検出し、必要なパッチをダウンロードして、ユーザーの手を介さずに適宜インストールします。平均的なプライベート PC には、およそ 75 個のプログラムがインストールされています。手動で更新するのは大変です。

包括的な管理機能

Personal Software Inspector は、数千種類のプログラムに対応。安全でないプログラムを自動検出し、必要なパッチをダウンロードして、ユーザーの手を介さずに適宜インストールします。平均的なプライベート PC には、およそ 75 個のプログラムがインストールされています。手動で更新するのは大変です。

各プログラムのセキュリティ・ステータスをレポート

Personal Software Inspector は、パッチでは自動更新できないプログラムを検出して通知します。ほとんどの場合は、[Results(結果)]ウィンドウで適切なアイコンをクリックし、画面上の指示に従って操作を進めるだけで、最新のパッチをインストールできます。

サポート終了プログラムの検出

サポートが終了したプログラムやプラグインを検出し、報告します。サポート終了(EOL)プログラムは、ベンダーによってそれ以上の開発もサポートも行われません。そのようなプログラムはセキュリティの更新も行われないため、安全でないとみなされます。サポート終了プログラムを特定して削除しておけば、PC ははるかに安全になります。

戻る Personal Software Inspector