Corporate Software Inspector: 機能

インテリジェントなセキュリティ・パッチ管理

機能

Microsoft System Center Configuration Manager への統合

Corporate Software Inspector は、Microsoft System Center Configuration Manager (SCCM)とシームレスに統合します。 Microsoft 以外の製品を含むすべてのセキュリティ更新プログラムを管理し、System Center Plugin (アドオン)を使用して、SCCM コンソールからパッチを直接適用できます。

プログラムを幅広く網羅

Corporate Software Inspector は、数千に及ぶベンダーのプログラムやプラグインを網羅。特に、サードパーティ製プログラムの数はどの競合製品よりも多く、実質的には Microsoft のオペレーティング・システム上で動作するすべてのプログラムに対応しています。

Smart Groups

データのフィルタリングやグループ化も簡単です。製品、デバイス、または Secunia 勧告に基づき、ユーザーにとって重要な条件で優先順位を付けることができます。 これらの Smart Group フィルタを使えば、オンデマンド・レポートの作成やスケジュール設定も可能です。 ユーザーに関係するイベントが発生したときは、通知メールや SMS の警告メッセージが届くため、すぐに異変に気づくことができます。

認証されたスキャン

Corporate Software Inspector の認証されたスキャン・プロセスは、スキャンの進行状況を追跡し、圧倒的な高精度で最新の結果を提示します。

Corporate Software Inspector Package System(SPS)

Corporate Software Inspector Package System は、パッチの適用範囲やホスト構成の柔軟度を広げる、Microsoft Windows Server Update Services との統合を強化した製品です。

Windows、MacOS および Red Hat Enterprise Linux のスキャン

Microsoft Windows、Apple MacOS、および Red Hat Enterprise Linux (RHEL)を実行している組織のすべてのデスクトップとサーバーの中から、パッチ未適用の脆弱なソフトウェアを検出し、IT 運用スタッフおよびセキュリティ・アナリストがリスクを評価して優先順位付けできるようにします。

ライブ・アップデート

Secunia Research から勧告が公開されると同時に、最新のスキャン結果に基づき、新たな脆弱性がインフラストラクチャにどのような影響を及ぼすか、全体像を瞬時に把握することができます。次のスキャンが実行されるのを待つ必要は、もうありません。

ユーザー管理

役割と権限が異なるユーザー・アカウントを作成すれば、(IP 範囲や Active Directory を基準にする)データのみ、または(スキャン、レポート、パッチなど)関連するモジュールのみにアクセスを制限することができます。

戻る Corporate Software Inspector