FlexNet Manager for VMware: 機能

VMware ソフトウェア向けライセンス管理とライセンス最適化の自動化

機能

製品使用権ライブラリ(Product Use Rights Library:PURL)

FlexNet Manager for VMware には、正確で最適化されたライセンス状態を判断する VMware の製品使用権ライブラリが装備されています。VMware の製品使用権には、次のようなものがあります。

  • アップグレード:一部の製品について、VMware は「機能アップグレード」を許可しています。これにより、機能の低い製品から機能の高い製品にアップグレードすることができます (サポートおよびサブスクリプションのメリット)。
  • ダウングレード:購入したソフトウェア・バージョンよりも古いバージョンを使用する権利。
  • 非運用(Non-Production)用途:一部の VMware ライセンス契約では、非運用での使用を目的として、各アプリケーションの複数のコピーをインストールすることが認められる場合があります。たとえば、開発用として vCenter Application Discovery Manager を 2 つ追加インストールするといった場合です。このような場合は、FlexNet Manager Platform の適用除外機能を使用して、該当インストレーションにフラグを立てることで、VMware のライセンス消費計算から除外できます。

発注書データから新しいライセンスを作成する場合は、ソフトウェア製品の SKU を使用すると(可能な場合)、製品使用権が自動的に適用されます。それにより、FlexNet Manager for VMware のエンタイトルメントの割り当てに係る工数を最小限にします。

VMware の検出とインベントリを強化

FlexNet Manager for VMware には、vSphere および vCenter データセンタ・サーバー製品向けの強化された検出およびインベントリ機能が統合されています。インストールごとに確認が行われ、そのサーバーのライセンス・キー、ライセンス・メトリック、割り当て容量などのライセンシング・データが取得されます。FlexNet Manager for VMware は、サーバー全体におけるライセンス・キーの割り当てを可視化します。ライセンス・コンプライアンスに違反しており、VMware ソフトウェアの監査を受ける可能性があるライセンス・キーの過剰使用を検出します。また、実際のサーバー容量と割り当て容量を比較し、VMware 製品の購入数よりもライセンス・キーの使用数が少ないなどの情報も検出します。

「What If」分析

VMware のサーバー・ベースのライセンスにはシミュレーション機能が含まれているため、「What If」分析を実行して、IT 環境が変化した場合のライセンス状態を把握できます。この「What If」分析機能では、以下を考慮した新しい VMware ライセンスの状態を予想できます。

  • ハードウェアの変更
  • 共有プロセッサ・プールの設定変更、追加、または削除
  • ソフトウェア・インストールの追加または削除

「What If」分析では、ソフトウェア・ライセンシングの観点から、変更による財務的影響に関する情報が提供されます。

ライセンス変更レビュー

この機能は、Flexera Software (フレクセラ・ソフトウェア合同会社) コンテンツ・ライブラリ間、特に製品使用権ライブラリと既存ソフトウェア・ライセンスの相違を分析します。ライセンス・リポジトリを最新の状態に保つために、製品使用権テンプレートの適用や、ライセンス記録へのアプリケーションの追加などが提案されます。

  • ソフトウェア・ベンダーの製品使用権の変更は、月 1 回の更新時にライブラリに組み込まれ、既存ライセンスに自動的に適用されます。
  • アプリケーション製作者との契約に特定の製品使用権(標準以外の条件)が含まれている場合は、これらの追加的変更にオプト・アウト・オプションによる対応が可能です。
  • Flexera Software (フレクセラ・ソフトウェア合同会社) ライブラリの強化機能、たとえば、既存のライセンスに影響を与える Stock Keeping Units (SKU)とアプリケーション識別ライブラリのアプリケーションの間のリンク、関連づけられた製品使用権がある新規 SKU などから自動的にメリットを得られます。

ライセンス変更レビュー機能により、常に正確かつ最適なライセンス・コンプライアンスの状態を実現します。

デバイスの役割によるライセンス適用除外

製品使用権ライブラリが提供する製品使用権を利用し、各インベントリ・デバイスに役割(本番、テスト、バックアップ/DR/フェイルオーバ、トレーニング等)を割り当てることで、役割に基づいてデバイス適用除外を作成するプロセスが自動的に実行されるようになりました。インベントリ・デバイスを、製品使用権でライセンスの適用除外となっている役割に割り当てる-デバイス(例:サーバー)は、その役割に対して個別のライセンスが不要ということを意味する-と、ライセンスの突合/整合化中に適用除外が自動的に適用されます。これによって消費するライセンス数を削減し、継続的なソフトウェアのコストを削減することができます。

戻る FlexNet Manager for VMware