Flexera Software (フレクセラ・ソフトウェア合同会社) の Microsoft SCCM との統合ソリューション

統合によりアプリケーション準備とソフトウェア資産管理を合理化

何千ものエンタープライズが Microsoft の System Center Configuration Manager (SCCM) を利用して、物理環境と仮想環境の両方のサーバー、デスクトップ、モバイルデバイスのアセスメント、配備、更新を行っています。Flexera Software (フレクセラ・ソフトウェア合同会社) のソリューションは、既存の SCCM — 特にアプリケーション準備ソフトウェア資産管理 — に統合して機能を追加、拡張します。

アプリケーション準備プロセスにより自動化を促進して信頼性を向上

Flexera Software (フレクセラ・ソフトウェア合同会社) のアプリケーション準備とソフトウェアパッケージングソリューションは、信頼性の高い一貫した方法でアプリケーションの準備を支援し、IT コストを最小限に抑えつつアプリケーションのユーザビリティを高めるデプロイメントを企業全体で成功に導きます。これらのソリューションにより、Windows 7 への移行、アプリケーションの仮想化、アプリケーションのクラウドへの移行、アプリケーション配布に関連した業務処理の管理を容易に行うことができます。

アプリケーション準備プロセスの最初のステップは、全社で配備および使用されているアプリケーションを特定することです。プロセスの最後のステップは、パッケージ化したアプリケーションを配布することです。Flexera Software (フレクセラ・ソフトウェア合同会社) の AdminStudio Suite はプロセス全体を促進し、この 2 つのステップはよく Microsoft SCCM と直接統合して行われます。AdminStudio は SCCM とシームレスに統合され、配布準備が完了したパッケージを処理します。Microsoft App-V への移行では、AdminStudio は SCCM からアプリケーションを取得し、App-V 形式に変換して、配布するために自動的に SCCM へ渡します。

Microsoft と Flexera Software (フレクセラ・ソフトウェア合同会社) は、AdminStudio が追加のメタデータを特定するプロセスを自動化し、SCCM 2012 の新しいユーザー中心のアプリケーション配布モデルをサポートすることを発表しました。

ソフトウェアライセンス最適化により次世代のソフトウェア資産管理を実現

Flexera Software (フレクセラ・ソフトウェア合同会社) のソフトウェアライセンス最適化ソリューションは、企業がソフトウェア資産の管理能力を取り戻し、ソフトウェア支出を最適化するのに役立つソリューションを提供します。これらのソリューションは、今日のビジネスの課題に対応するために必要な次世代のソフトウェア資産管理 (SAM) を行います。各アプリケーションの購入状況と使用状況に加えて、製品使用権の適用により削減可能な費用の詳細なデータを提供します。さらに、この次世代ソフトウェア資産管理は、SCCM のアプリケーション使用監視機能と連動して、再利用可能なシェルフウェアを明らかにします。戦略的ソリューションを採用することで、かつてないソフトウェア資産の管理が行われ、ソフトウェア支出を 5-30% 削減することが可能です。

Flexera Software (フレクセラ・ソフトウェア合同会社) の次世代ソフトウェア資産管理とライセンスの最適化ソリューションは、エンタープライズのデバイス検出、在庫、アプリケーションの使用状況データ、構成管理の基本コンポーネントとして Microsoft SCCM を使用します。SCCM の機能を基にして、Flexera Software (フレクセラ・ソフトウェア合同会社) のソリューションは、複数の外部データソース (SCCM、HR、購買) からの情報を照合し、ビルトインのライブラリにより、ベンダーの製品使用権に従ってライセンスの最適化状況を判断できるようにします。生成されるレポートは、ベンダーと交渉する際に役立ちます。アプリケーションの使用状況データとともに使用することで、使用されていないソフトウェアライセンスを再利用したり、あるいは新しいライセンスを購入する前に使用状況を確認することができます。これにより、「所有しているソフトウェアを使用し、必要なものだけを購入する」ことができます。

Microsoft 認定ゴールドパートナー