オンデマンド提供ソフトウェア提供の利点 (サービス型ソフトウェア)

この場合、クラウドベースのソフトウェア提供モデルはサービス型ソフトウェア (SaaS) モデルであり、先行コストを抑え、短時間で展開でき、Web ブラウザからどのデバイスからでも、いつでもどこからでもアクセスできます。また、アプリケーションは、可用性の高いプラットフォーム上の Flexera Software (フレクセラ・ソフトウェア合同会社) データセンターで実行されているため、アップタイプの長い、高レベルの運用サービスをユーザーに提供でき、利益回収率が高くなります。

クラウドは、サービス型インターネットでアプリケーションを提供する簡単な方法であり、IT 部門を、複雑でコストのかかるソフトウェアおよびハードウェアインフラ要件から解放できます。クラウド提供モデル:

  • サブスクリプションベースの SaaS ライセンスは、通常、事業費とみなされるため、初期ライセンスコストを削減できます
  • ホストされているアプリケーションを使用することで、一般に、ハードウェア、ソフトウェア、またそれらを管理、サポートするための人件費を含む企業の IT コストは、ユーザーベースが増加した場合でも減少します。
  • 容量要件に従って簡単に拡張できる真のマルチテナントアーキテクチャソリューションであるため、多様な顧客ニーズに応える拡張性があります
  • Flexera Software (フレクセラ・ソフトウェア合同会社) が可用性、アップデート、アップグレードを管理するため、お客様がパッチをダウンロードしたりインストールする必要がなくなり、アップグレードプロセスがなくなります