プレスリリース

フレクセラ、業界最高レベルのソフトウェア資産管理ソリューション 「FlexNet Manager Suite 2016」を発表

Microsoft Office 365 サブスクリプションやクライアント・アクセス・ライセンスなど、 極めて複雑な資産管理の課題にフレクセラ・ソフトウェアが初めて対応

プレスリリース - 2016年9月29日 - フレクセラ・ソフトウェア合同会社(本社:イリノイ州アイタスカ、CEO:ジム・ライアン、以下 フレクセラ)は、業界最高レベルのソフトウェア資産管理およびライセンス最適化ソリューションである、新しいFlexNet Manager Suite for Enterprisesを発表しました。Software as a Service(SaaS)のような提供モデルやサブスクリプションが登場し、ソフトウェアのライセンスとアクセスの方法がますます多様になる中、ソフトウェア資産管理(SAM)をレベルアップさせるこの「FlexNet Manager Suite 2016」によって企業はソフトウェアへの過剰な支出を大幅に削減することができます。

「FlexNet Manager Suite 2016」は、Microsoft Office 365 サブスクリプションやクライアント・アクセス・ライセンス(CAL)など多岐にわたる Microsoft ライセンス・モデルにおいて、企業の支出抑制の課題に対応した、まったく新しい機能を導入しました。

「FlexNet Manager Suite 2016」に搭載された自動化の機能は、広く利用されているクラウドベースの Microsoft Office 365 のサブスクリプションを最適化するとともに、支出を最適化できる唯一のSAM ソリューションです。このソリューションは、重複(Office 機能の使用ライセンスを永年ライセンスと Office 365 サブスクリプションの両方で持っているユーザーなど)を特定したり、Office 365 サービス(Exchange Online、SharePoint Online、Skype for Business Online など)の活用によってオンプレミス・サーバーの展開を縮小できる機会を特定したりすることが可能です。ライセンス・プランの使用状況を詳しく確認することもできます。たとえば、Office 365 を一定期間使用していないがサブスクリプションがまだ有効なユーザーを特定し、そのサブスクリプションをキャンセルすれば、さらにコストを抑えられます。  また、Office 365 のアクティビティと使用状況のデータを自動でインポートすることも可能です。手作業を省き、時間と労力を削減することができます。

Microsoft CAL は、サーバー上で実行されているソフトウェアへのアクセス権をユーザーに付与するものです。多くの企業が「サーバー + CAL」ライセンスで Exchange や SharePoint などの Microsoft 製品を利用しています。そのため、CAL の管理および最適化は、企業の Microsoft ライセンス・ポジションを把握して最適化するうえで重要です。

「FlexNet Manager Suite 2016」は、CALの使用状況を確認できる唯一のSAM ソリューションでもあります。使用状況データをユーザー・アクセス・ログから自動収集し、このデータを基に、企業は CAL を使用する Microsoft 製品のライセンスを最適化し、コストを抑えながらビジネス・ニーズに対応することができます。

フレクセラ・ソフトウェアの製品管理担当バイス・プレジデントである、Ed Rossiは次のように述べています。 「Microsoft クライアント・アクセス・ライセンスの管理は、ソフトウェア・コストを抑制するためには欠かせない要素です。しかし、さまざまなライセンス・タイプやソフトウェア・スイートがあるため、容易ではありません。FlexNet Manager Suite 2016 は、Microsoft Office 365 サブスクリプションと CAL を最適化します。お客様は Microsoft の契約やライセンスを全網羅的に管理することができます」

SAM の拡大によるソフトウェア・サブスクリプションのサポート
永年ライセンスでソフトウェアを購入する企業は減り、期限付きのサブスクリプションの購入が増えています。オンプレミス・アプリケーション用でも SaaS ベースでも、サブスクリプションが複雑で管理に時間がかかることがあります。一般的な SAM ソリューションでは、ソフトウェア・サブスクリプションの最適化にともなう課題に対処できません。

「FlexNet Manager Suite 2016」では、企業のサブスクリプション・ライセンスの管理と最適化が容易になります。お客様は、特定のソフトウェア製品に関連する全てのサブスクリプションを 1 つのライセンス記録にまとめて、各サブスクリプション期間を一括して確認および管理することができます。間近に迫った更新時期や有効期限の確認も可能です。開始日や終了日がさまざまなソフトウェア保守契約の管理も同様に行えます。FlexNet Manager Suite では、保守契約の管理も容易になります。たとえば、一部の保守または特定ライセンスのサブスクリプションが不要になった場合には、ライセンス・エンタイトルメントを分割して部分的に更新できます。ライセンス管理者は、不要な部分の保守/サブスクリプションを簡単に終了させ、保守コストを削減することができます。

ソフトウェア・バンドルに含まれる製品の確認
ソフトウェア・バンドルでは、1 つのライセンスで一括して販売される複数のソフトウェア製品をまとめて購入します。バンドルは、SAM において特に複雑な問題です。同じ製品を、単独で購入することもあれば、他の製品とのバンドルで購入することもあります。そのため、ソフトウェア・バンドルは管理が難しく、ソフトウェアの過剰購入につながる場合もあります。たとえば、Microsoft Developer Network ライセンスでは、1 つのライセンスで数千の製品、バージョン、エディションにアクセスでき、各製品のインストール回数に制限がないため、これらのライセンスの管理は容易ではありません。

FlexNet Manager Suite は、ソフトウェア・バンドルに含まれる製品を個別に管理できる初めての SAM ソリューションです。ソフトウェアの資産管理者は、IT 環境にインストールされたソフトウェア・バンドル製品を自動で検出してソフトウェア・バンドル・エンタイトルメントと照合できます。これにより、単独でインストールされたソフトウェアとバンドルに含まれるソフトウェアを区別して、二重計算を避けられるため、コストの大幅な削減が可能になります。

- # # # -

リソース:

FlexNet Manager Suite for Enterprises には、次の製品が含まれます。

参考資料:

フレクセラ・ソフトウェア合同会社について
フレクセラ・ソフトウェアは、アプリケーション製作者や企業がアプリケーションの利用率とセキュリティを高め、ソフトウェアを通して多角的な価値を得ることができるようサポートします。フレクセラのソフトウェア・ライセンシング、コンプライアンス、サイバーセキュリティ、およびインストールの各ソリューションは、変化し続けるテクノロジのリスクとコストに対して、継続的なライセンス・コンプライアンス、ソフトウェア投資の最適化、将来に対応できる企業・団体を支援するソリューションです。25 年以上にわたり市場を牽引しているフレクセラは、中立的で信頼性の高い知見と専門技術の発信源として、また、製品を通して自動化やインテリジェンスを提供する企業として、80,000 社を超えるお客様から高く評価されています。詳細については、www.flexerasoftware.jpをご覧ください。

◆本件に関するお問い合わせ先◆
株式会社 井之上パブリックリレーションズ
フレクセラ・ソフトウェア合同会社 広報担当:リットウィン/関口
TEL: 03-5269-2301 Mail:prflexera@inoue-pr.com

*第三者の商標は、それぞれの所有者に帰属します。